あと2ヵ月で何をやれば合格するか!

必勝対策!技術士第二次試験総合技術監理部門対策講座(東京・大阪)

何故総合技術監理部門の合格率が悪いか?
「5つの管理」と「トレードオフ調整」の理解をわかりやすく指導します。

セミナー概要

●講 師:中川雅博

ふみ技術士事務所 所長
技術士(環境部門,総合技術監理部門)
博士(農学)

プロフィール

     
  • 環境コンサルタント,大学・専門学校等の講師を経て現職。  
  • 環境保全にかかわる論文,学術賞受賞多数。  
  • 新技術開発センターでは,二次試験対策講座(総合技術監理部門)の東京会場を担当する。
    年間の添削数が多い講師の一人であり,「総合技術監理部門」の受験生の苦手とするポイントとその対応策を熟知している。

●受講料:25,000円(消費税込)(テキスト代含みます。昼食は各自おとり下さい。)

2022年度,当社の技術士第二次試験対策講座(通信講座)※を受講中の方は,
5,000円引き特価20,000円(消費税込)でご受講できます。
通信欄にその旨をご記入ください。
※割引対象通信講座
技術士第二次試験合格対策講座技術士第二次試験合格対策オンライン講義配信プレミアム講座
技術士第二次試験完全合格対策講座技術士第二次試験合格一直線コース

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
2022年5月15日(日)10:00〜16:30
1日集中講座

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
2022年5月28日(土)10:00〜16:30
1日集中講座

たかつガーデン(大阪府教育会館)大阪府大阪市天王寺区東高津町7-11
TEL 06(6768)3911
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

 

受講のおすすめ

総合技術監理部門の受験者は,低い合格率を既に突破した技術士である。その技術士が受験して,10人中1人しか合格せず,年によっては6%程度にもなる数字上は過酷な試験である。これは,無資格者がいきなり受ける法律系の国家資格,例えば,社会保険労務士試験の合格率6%と,まったく異なる数値である。つまり,総合技術監理部門の試験は,高い学識に加えて,相応の方法論をもって受験して,はじめて合格できる試験と言えよう。
総合技術監理部門の合格率が低い原因の一つは,「5つの管理」と「トレードオフ調整」の理解が不十分なことにある。
そこで本講座では,近年とくに難化傾向が著しい択一式試験や,不十分な理解が命取りになる記述式試験に対応した特訓ゼミを提供する。あと2ヵ月しかない時期に相応しい即効性のある内容で,総合技術監理部門で試験官に好まれる表現や,加点を積み重ねられる具体的なポイントを伝授する。

セミナープログラム

1.何故総合技術監理部門の合格率が悪いか?
2.総合技術監理部門の合否を左右する「キーワード集」の活用法
3.総合技術監理部門の概念の確認
3.1 経済性管理
3.2 人的資源管理
3.3 情報管理
3.4 安全管理
3.5 社会環境管理
4.総合技術監理部門:択一式(必須T−1)試験の対策
5.総合技術監理部門:必須T−2の合格トレーニング
6.合格を確実にするためのチェックしておくこと
6.1 試験官に好まれる表現
6.2 加点を積み重ねられるポイント
◎ 質疑応答