3時間のオンライン特別講座!!

技術士第二次試験合格のための
キーワード集の作り方と論文作成(エッセンス)

40キーワード作成で合格するノウハウを公開します。

セミナー概要

●講 師:高遠 健司

技術士(電気電子部門)
博士(工学)

プロフィール

 1977年千葉大学工学部電気工学科卒業し富士通株式会社に入社。
    交換機用アナログ加入者回路を数多く設計しEMC問題にも対応。
 2006年富士通テレコムネットワークス社に転社し,デジタルフィルタ回路を使った回路を設計。
 1991年第三種電気主任技術者,
 2012年技術士(電気電子部門・情報通信分野),
 2015年千葉大学大学院工学研究科博士(工学),電気学会正会員。

●受 講 料:18,000円(消費税込)

テキストに講師著書
①「技術士第二次試験に合格するキーワード集の作り方と高得点論文作成法」(定価5,000円 税込),
②「[新版]技術士第二次試験新試験のための新しい合格論文の構成と表現法」(定価3,000円 税込)
を使用します。
①既購入の方は5,000円引き,②既購入の方は3,000円引き,①②両方既購入の方は8,000円引きで
ご受講できます。割引対象の方は,通信欄にご記入下さい。

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

●日 時:2022年5月22日(日) 13:00〜16:00

●会 場:オンライン講座 自宅・職場 全国どこからでも参加できます。

オンライン参加には「ZOOM」を使用します。
※アプリをインストールせずブラウザから参加できます。

録音・録画はご遠慮下さい。

このボタンをクリックすると
すぐにお申込ができます。
申し込む
 

受講のおすすめ

1時間目 技術士試験の実体,解答論文の採点のされ方を理解
2時間目 キーワード集の作り方と情報の入手方法
3時間目 キーワードを散りばめた論文作成方法

新技術開発センターで受講中の皆様は,キーワード集を作る事が必要と言われたと思います。キーワード集の作り方については,拙書「キーワード集の作り方と高得点論文作成法」に記載し,また合格につながる内容を「技術士第二次試験新試験のための新しい合格論文の構成と表現法」に記載しました。

初めて受験する人が,5月から7月の2ケ月で,100件のキーワード集を作るのは正直無理です。ただし,これまでキーワード集的なものをまとめていて,本セミナーで何をすべきか理解し,40件程度のキーワードを作成して合格した人は数多くいます。あきらめず,出来る範囲のキーワード集を作ることが合格への近道です。オンライン講座では質疑応答の時間を多く作ります。疑問点を払拭して正しいキーワード集の作り方をマスターしてください。

セミナープログラム

1時間目 技術士二次試験の実体理解と目標の設定
  • 合格率と相対評価
  • 筆記試験の合格論文とは知識×筆記能力
  • 解答論文の採点のされかた,3分での仕分け
  • キーワードの有無と合否の閾値
  • 見栄えとキーワードと技術士らしさの関係

2時間目 キーワード集の作り方と情報の入手方法
  • キーワード集の具体例
  • キーワード集から作る600文字の一枚論文
  • 情報収集の方法からまとめかた
  • 図や表の作りかたと使いかた
  • 使えるキーワード集と使えないキーワード集

3時間目 キーワードを散りばめた論文作成方法
  • 小題・小見出しで読ませる解答論文
  • 課題,観点,解決策,など要求事項を小題・小見出しで見せる
  • キーワードが浮き出るような書き方
  • はじめにストーリとレイアウトを決め,キーワードも書き出す
  • 論文(ストーリ)は後ろから作る
  • 書きはじめたら,手はプリンタに徹する

◎ 質疑応答