自信をもって受験するための最終チェック講義!

これで合格を確実にする!!
技術士第二次試験機械部門直前対策講座
(東京・大阪・名古屋)

コンピテンシー評価対応小論文の書き方を実際にトレーニング,評価,見本公開で完成させる。

セミナー概要

●講師:大和田義明

  大和田技術士事務所 所長
  技術士 機械部門,総合技術監理部門

プロフィール

 1951年10月生まれ
 1975年4月 ソニー株式会社入社
    主にVTR用サーボモータ,テレビ,蒸着テープ,電子デバイス用真空成膜機,
    家電リサイクルなどの生産技術開発業務に従事,その間,課長,部長を歴任。
 2005年9月 独立行政法人日本学術振興会 薄膜第131委員会 企業協力委員(〜2年8か月)
 2007年4月 技術士免許登録(機械,総合技術監理部門)文部科学省第62558号
 2009年4月 ソニー株式会社円満退社
 2009年4月 社団法人日本技術士会 機械部会幹事(〜2期4年)
 2009年6月 大和田技術士事務所開業,同所長(〜現在に至る)
 2010年1月 APECエンジニア・EMF国際エンジニア審査委員(〜2期4年3か月)
 2011年7月 公益社団法人日本技術士会 防災支援委員会委員および幹事(〜2期4年)
 2015年7月 同上 専任委員(〜1年)

 著書
 「はじめて解く技術士第二次試験記述式問題プロセスチェックによる合格答案作成法 新制度2020年度版
 (新技術開発センター刊)

●受講料:28,000円(消費税込)(テキスト代含む。)

2020年度,当社の技術士第二次試験対策講座(通信講座)※を受講中の方は,
特価20,000円(消費税込)でご受講できます。通信欄にその旨をご記入ください。
※割引対象通信講座
技術士第二次試験合格対策講座技術士第二次試験完全合格対策講座
技術士第二次試験実力養成講座技術士第二次試験合格一直線コース
再試験受験者向け2020年技術士第二次試験短期合格フルコース
再試験受験者向け2020年技術士第二次試験短期合格ライトコース

昼食は各自ご持参下さい。

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京・大阪・名古屋会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
 2020年9月5日(土)
 10:00〜17:00
 1日集中講座

機械振興会館・研修室

東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03-3434-8211
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
 2020年8月23日(日)
 10:00〜17:00
 1日集中講座

たかつガーデン
(大阪府教育会館)

大阪府大阪市天王寺区東高津町
7-11
TEL 06-6768-3911
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

名古屋会場

[日時/会場] 
 2020年9月6日(日)
 10:00〜17:00
 1日集中講座

名古屋企業福祉会館

愛知県名古屋市中区大須2-19-36
TEL 052-221-6721
(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

 

受講のおすすめ


令和2年度の技術士第二次試験は,新型コロナウイルスのための延期により,きわめて不安定な,異常な日程となりましたが,受験者は,最後までモチベーションを維持し平常心で試験に臨まねばなりません。
今回の本年度最後の筆記試験対策講座は,約1ヵ月後に迫った試験本番で,自信をもって解答を書けるようにする実践的トレーニング講座です。
講師が,昨年の新試験から読みとれるものを受講者に伝え,講師の作成した予想問題を実際に解き,記述し,その表記を批評し,正解を公表するという形でⅠ(必須科目),Ⅱ−2,Ⅲすべてを講師が確認します。
受講者は,実際にその予想問題の論文を表記し,批評されることによって弱点を修正し,合格論文の書き方を体得します。
最後のこのチャンスを活かして,この長かった苦労を栄冠に変えて下さい。
ご受講をお待ちしております。
(コロナ対策上,定員がございます。早めにお申込下さい。)

セミナープログラム

1.機械部門の傾向と対策
  1)昨年度(令和元年度)の新問題から何を予測するか
  2)あと1ヵ月でやるべきこと
  3)今年出題されるキーワ−ド予想

2.機械部門:必須科目の合格トレーニング
  1)問題の構造を把握する(令和元年問題より)
  2)予想問題をやってみる(講師作成の問題トレーニング)
  3)答案発表と批評(受講者の解答合評)
  4)解答例の公表と解説(講師の解答見本)

3.機械部門:Ⅱ−2の合格トレーニング
  1)問題の構造を把握する(令和元年問題より)
  2)昨年問題をやってみる(令和元年問題のトレーニング)
  3)答案発表と批評(受講者の解答合評)
  4)解答例の公表と解説(講師の解答見本)

4.機械部門:Ⅲの合格トレーニング
  1)問題の構造を把握する(令和元年問題より)
  2)予想問題をやってみる(講師作成の問題トレーニング)
  3)答案発表と批評(受講者の解答合評)
  4)解答例の公表と解説(講師の解答見本)

5.合格を確実にするための最終チェック

◎ 質疑応答と個別相談