NEWS2020年05月12日
新型コロナウイルス感染症の状況を鑑みて、セミナー、スクーリングは、延期または中止または内容を変更して実施する場合がございます。当ホームページでご案内中のセミナーは、延期後の日程です。ご確認下さい。
通信講座及び書籍販売は通常通り対応しております。


直前在宅模擬試験をおすすめいたします。全国どちらでも模擬試験を受験できます。
令和2年度技術士第二次試験[在宅模擬試験]個別指導付き(東京・大阪・名古屋)」または「令和2年度技術士第二次試験[在宅模擬試験]」をご受講下さい。
令和元年度技術士第一次試験(再試験)の合格者が発表されました。
合格の皆様は次の第二次試験対策を、不合格の皆様は第一次試験対策を始めて下さい。
新刊書籍「令和元年度技術士第二次試験実務経験証明書・口頭試問ペア実例集−13部門・50事例−」は受験申込書作成に必見!口頭試験対策にも必読です。新試験の実務経験証明書と口頭試験のリアルな質疑応答がペアで掲載されています。失敗・不合格事例も掲載。
技術士第二次試験:事例で学ぶ!らくらくできる構造的コンピテンシー表現法」で論文作成が論理的にカンタンにできるようになり、スッキリした頭で試験に臨むことができます。
 
部門別対策 

技術士各部門の通信講座、セミナー、参考書籍などの最新情報を掲載しています。

 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/25
 NEW
05/12
 
技術士 一次試験
第二次試験を受験するためのパスポートです。できるだけ1年でクリアしましょう。参考書、予想問題集あり。
技術士第一次試験対策の通信講座は、2講座開催中です。各講座の違いは、下記の比較表をご参照ください。
テクノビジョン
技術士 二次試験
受験申込書、筆記試験、口頭試験を乗り切るための支援をベテラン技術士がていねいに行います。
技術士第二次試験対策の通信講座は、4講座開講中です。(2020年度に限り6講座開講いたします。)各講座の違いは、下記の比較表をご参照ください。
受験申込・口頭試験
口頭試験は技術士になるための最終関門です。受験申込書の作成から口頭試験は始まっています。失敗すれば筆記試験からやり直しとなるので、入念な対策を立てて下さい。
 
試験情報
2020.05.01
2020.04.28
2020年4月28日に令和元年度技術士第一次試験再試験の合格発表が行われました。
2020.03.16
2020年3月16日に令和元年度技術士第一次試験再試験試験問題の正答が公表されました。
2020.03.06
2020年3月6日に令和元年度技術士第ニ次試験の合格発表が行われました。
2019.12.19
2019年12月19日に令和元年度技術士第一次試験の合格発表が行われました。
2019.11.27
2019年11月27日に令和2年度技術士第一次試験実施大綱が発表されました。
2019.11.27
2019年11月27日に令和2年度技術士第二次試験実施大綱が発表されました。
2019.10.29
2019.10.21
2019年10月21日に令和元年度 技術士第一次試験 試験問題の正答が公表されました。
2015.01.06
技術士フェロー制度がスタートします。
フェロー認定要件と特典が発表されました。
技術士補/技術士を目指す方を応援します
当社が技術士試験対策講座を開講して50年以上。累計合格者数は我が国最大となりました。
この実績をもとに、更に多くの方が栄冠を勝ち取られることを願って、ベテラン講師が情熱を込めて指導する受験対策講座や、問題集・参考書などを当ホームページでご紹介します。
第一次試験・第二次試験(筆記試験・口頭試験)や合格発表に関する最新情報をいち早くお知らせするメールマガジン「技術士ホットニュース」の無料購読お申し込みもできます。あなたのキャリアビルドを今すぐ始めてください。基礎科目だけのオプション講座もあります
技術士ホットニュース
 
技術士とは
「技術士」は日本で唯一のエンジニアの国家資格です。「技術士」の称号を獲得することは、科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを、国から認定されることになります。
本資格を得るためには、まず「技術士補」の資格を取得しなければなりません。「技術士補」は、文部科学省が技術士法にもとづいて毎年実施する国家試験「技術士第一次試験」に合格した人が取得できる称号です。取得後、さらに必要な技能を修習して「第二次試験」に合格すれば「技術士」の称号が獲得できます。
技術部門
機械/船舶・海洋/航空・宇宙/電気電子/化学/繊維/金属/資源工学/建設/上下水道/衛生工学/農業/森林/水産/経営工学/情報工学/応用理学/生物工学/環境/原子力・放射線/総合技術監理 (総合技術監理部門は第二次試験のみ。その他の20部門は第一次試験と第二次試験共通。)

試験実施期間
文部科学大臣指定試験・登録機関
社団法人日本技術士会技術士試験センター