「技術士口頭試験」対策

技術士第二次試験の口頭試験は、受験申込書や筆記試験の答案までも審査内容に関連する、技術士になるための重要な最終試験です。受験申込書の作成から、口頭試験は始まっています。入念な対策を、受験申込書の申請時期から行ってください。

はてなブックマークに追加

◎ なぜ重要か!受験申込書と口頭試験の密接な関係 ◎
〜合格必至のオプション講座〜

■口頭試験完全合格対策講座

受験申込書を作成・提出し、筆記試験が終わっても、まだ安心はできません。

技術士第二次試験の口頭試験では、受験者の経歴や「業務内容の詳細」について、どこが技術士にふさわしい点なのかを説明するよう求められます。また、試験官は、受験申込書の内容から、そこには記されていない業務内容の状況や潜在的な問題点などについても質問してきます。ほかにも、口頭試験では、筆記試験での答案に基づく質問や、技術者倫理・技術士制度に関する質問なども矢継早に行われるので、筆記試験終了後は、すぐに口頭試験対策にとりかからなくてはなりません。

シミュレーション公開講座
口頭試験シミュレーション公開講座


マンツーマン個別指導講座
口頭試験マンツーマン個別指導講座

弊社では、口頭試験対策として毎年「技術士第二次試験口頭試験完全合格対策講座」を実施しております。

この講座は「合格する重要ポイントの解説と口頭試験シミュレーション公開講座」と「受験部門の技術士講師によるマンツーマン口頭試問と総仕上げ個別指導講座」の2つの講座からなっております。

前者は、指導実績豊かな技術士講師による口頭試験の概要と受験対策の講義および「口頭試験シミュレーション」を実施します。この「口頭試験シミュレーション公開講座」は、模擬受験者となる受講者、それを見守る他の受講者の双方とも、「大変参考になった」と評価を得ております。

後者のマンツーマン個別指導講座は、受講者と同部門の技術士講師が、受講者の受験申込書と筆記試験の復元答案を事前査読し、口頭模試を含めた個別指導を行うものです。

両方の講座をセットで受講するのが万全ですが、いずれかの講座を受講することも可能です。
 講座受講者への特典として、講座終了後も受験終了者からの情報を元にした「口頭試験速報」をメール配信し、最新の生々しい口頭試験情報を提供します。こちらも大好評を得ております。「技術士第二次試験口頭試験完全合格対策講座」は例年、口頭試験前の11月に実施いたします。平成29年度は、以下の日程で実施いたします。詳細内容は、当サイトでご案内中です。ぜひご覧ください。

「口頭試験シミュレーション公開講座」

東京会場:平成29年11月11日(土)(総合技術監理部門:平成29年12月2日(土))
大阪会場:平成29年11月18日(土)  名古屋会場:平成29年11月12日(日)
福岡会場:平成29年11月12日(日)

「口頭試験マンツーマン個別指導講座」

東京会場:平成29年11月12日(日)、18日(土)、23日(木・祝)
     ※総合技術監理部門:平成29年12月9日(土)
大阪会場:平成29年11月19日(日)  名古屋会場:平成29年11月23日(木・祝)

■受験申込書作成個別指導

受験申込書作成個別指導講座
受験申込書作成個別指導講座

技術士第二次試験の受験申込書は、単なる受験申請書ではなく、口頭試験時に試験官がその内容を元に質問をする重要書類です。

せっかく筆記試験に合格できても、受験申込書の業務経歴票の内容が「技術士にふさわしくない」と試験官が判断されると、厳しい質問がされ、口頭試験不合格ということになってしまいます。特に、平成25年度の技術士試験改正により、従来の「技術的体験論文」の代わりとして業務経歴票の「業務内容の詳細」欄が追加になったことから、受験申込書の重要性がより高くなりました。この「業務内容の詳細」に関する質問が、口頭試験のメインとなったのです。

受験申込書の重要性は、口頭試験を受験してはじめて実感できますが、そのときに後悔しても取り返しがつきません。受験申込み時には、口頭試験までを見据えて「技術士にふさわしい」業務経歴となるよう、受験申込書を作成しておく必要があります。

そのため、弊社では技術士第二次試験対策講座のすべてに受験申込書の添削指導をカリキュラムに加えており、スクーリング時にも指導を行っております。

さらに、元試験委員の講師や、口頭試験指導のベテラン技術士講師による「受験申込書作成個別指導」を受験申請時期に実施しております。特に、講師の個別指導による受験申込書の具体的な修正アドバイスは、大好評を博しております。

平成29年度は、以下の日程で実施する予定です。詳細内容は、当サイトでご案内中です。ぜひご覧ください。

受験申込書作成個別指導

東京会場:平成29年4月9日(日) 大阪会場:平成29年4月16日(日) 名古屋会場:平成29年4月22日(土)
福岡会場:平成29年4月8日(土)

受験申込書の作成時点で、技術士試験は始まっています。
受験申込みから口頭試験まで、一貫して十分な対策を立てて技術士試験に臨んでください。

セミナー
平成29年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座 2日間コース
(東京・大阪・名古屋)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2017/11/11(土),11/12(日)〜 大阪:2017/11/18(土)〜11/19(日)
名古屋:2017/11/12(日),11/23(木・祝)
総合技術監理部門
東京:2017/12/2(土),12/9(土) 大阪:2017/11/18(土)〜11/19(日)
名古屋:2017/11/12(日),11/23(木・祝)
平成29年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−シミュレーション公開講座
(東京・大阪・名古屋・福岡)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2017/11/11(土) 大阪:2017/11/18(土) 名古屋:2017/11/12(日)
福岡:2017/11/12(日)
総合技術監理部門
東京:2017/12/2(土) 大阪:2017/11/18(土) 名古屋:2017/11/12(日)
福岡:2017/11/12(日)
平成29年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−マンツーマン個別指導講座
(東京・大阪・名古屋)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2017/11/12(日),18(土),23(木・祝)
大阪:2017/11/19(日) 名古屋:2017/11/23(木・祝)
総合技術監理部門
東京:2017/12/9(土) 大阪:2017/11/19(日) 名古屋:2017/11/23(木・祝)
セミナー終わり
 
問題集・参考書
 
業務経歴票・口頭試問実例集4
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約140頁
定価 5,000円(税込)+発送料
業務経歴票・口頭試問実例集3
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約140頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
業務経歴票・口頭試問実例集2
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約160頁
定価 5,000円(税込)+発送料
技術士第二次試験業務経歴票・口頭試問実例集1
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約130頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
口頭 試問・応答事例集 第2巻
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約120頁
定価 5,000円(税込)+発送料
口頭 試問・応答事例集 第1巻
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約120頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
体験論文事例・講評集 第2巻
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約170頁
定価 5,000円(税込)+発送料
体験論文事例・講評集 第1巻
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約150頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
 
 
受講者の声

2016年度合格者より

【口頭試験シミュレーション公開講座】

〇想定問答から大体質問が出ていたので、とても参考になりました。

〇どのような質問にどのように答えれば良いか考えることができました。

〇面接のシミュレーションをしていただいたのですが、詳細と業務内容の説明の時間配分を訂正できました。準備しておく主な資料を確認できました。

〇口頭試験に対する基本的な考え方がわかりました。ダメな解答例を示していただいたのが良かったです。シミュレーションで、他の人の様子を見れたことが非常に参考になりました。(良い部分、不足している部分を客観的にみることができました。)

〇口頭試験で重要なポイントをわかりやすく講義してくださった。

〇シミュレーション模擬を受けたことで、過度に緊張することなく、本番に臨めた。本番でも数問同様な試問があった。

〇何を準備すべきか、どういう態度では不合格かなど、丹先生がわかりやすく説明してくださって参考になりました。他の人のシミュレーション事例も欠点事項がよくわかり、良かったです。

〇口頭試験がイメージできていなかったが、具体的にイメージすることができた。前でシミュレーション受験をされていた方々がかなり準備されており、触発された。

〇どのように準備すればいいのかなど、知らなかったことがたくさんありましたので、大変助かりました。この講座参加なくしては、口頭試験は乗り越えられなかったと思います。

〇テキストには、覚えるべき法規などが1冊にまとめてあり、想定質問を考えるときに非常に参考になりました。午後の模擬面接では、他の方の面接を客観的に見ることで、講義だけでは伝わりにくい注意すべき点が良く分かりました。

〇試験日までに何をすれば良いのか判りました。

〇試問の内容や、回答方法がよくわかった。特に、禁句がわかったのは、とても参考になった。

〇シミュレーションでは見ている側でしたが、自分の言いたいことをまとめておかないとうまくしゃべれないことがよく分かりました。講座のあとに自分で試しに時間を計ったら、その難しさがよく分かりました。

〇受験勉強は一人で行っておりその方向性の正否に不安を感じていたため、他の受験者の内容を聞いて緊張感や質問内容などを見ることができて大変参考になりました。

〇全体講義のなか、技術士法第1条・2条から(目的)や(定義)の説明から、丁寧に説明して頂きました。特に、試験では「技術士」として回答が求められている、という話を聞いて、大変参考になりました。また、他の方へのシミュレーションを聞くことにより、口頭試験での全体の流れを把握できました。

〇総監部門の口頭試験は、各人各様の試験と聞いていた。しかし,参加者全員のシミュレーションを聞き、各人の質問内容を書き取り、当方の試験準備対策に活用できた。

〇模擬面接のアドバイスは大変参考になりました。自分の考えが、独りよがりで方向性が誤っているのではないかと不安でしたが、 解消できました。また、試験の傾向、予想も、独習では得られない貴重な情報源となりました。

【口頭試験マンツーマン個別指導講座】

〇詳細業務の説明内容を修正した方がよいとアドバイス頂きそれが的中した。

〇様々な想定問答を用意していただき、こう答えると不合格になるとはっきり教えていただいた。

〇初めての経験なので何をどうしたらよいのか分からず独学でやっていたので、先生に教えていただき大変勉強になりました。

〇口頭試験の感覚がつかめた。また、倫理の部分で、模擬面接で聞かれたことが、そのまま聞かれたので、助かった。

〇指摘いただいた業務の詳細についての矛盾がそのまま出ましたので、慌てず対処することができました。また、「回答はどうあるべきか?」という点で「その回答でも60点はとれるけど、100点をとるならこのキーワードを入れて」という指導があったため、技術的な部分でもそのように心がけて、回答を練ることができました。担当していただいた先生には心から感謝しています。

〇先生に、業務の詳細は試験官が知りたがっていることを予測して、それについて説明したほうがよい、というアドバイスを受けました。そのアドバイスを基にプレゼンの内容をブラッシュアップしました。そのおかげで「何故そうしたのか?」というような根本的な質問は無く、答えやすい質問が多かった気がします。

〇周辺に技術士の方がいないため、技術士の仕事、独立技術士とはなにかというものが漠然としていたが、しっかりとイメージすることができ、自分の独立のイメージが明確になった。

〇質問パターンに基づいて、想定問答集を作成できた。弱点を教えてもらえるので、ブラッシュアップ・ポイントがわかった。また、試験の流れでシミュレーションできたため、本番で緊張しても体が勝手に反応してくれた。

〇自分の業務内容に合った質問を準備してくださっていましたので、その回答を準備することができました。緊張感も一度体験しておりますので、本番も少しだけリラックスできたような気がします。

〇個別の想定質問とアドバイスで大変参考になりました。受験部門の技術士が講師として担当していただいたので、想定質問も専門的に掘り下げた内容であり、充実していました。

〇模擬試験で、他人にどれだけ伝えることができるか、どのようにしたら伝わるか、アドバイスを頂きました。

〇自分の悪い癖を指摘していただいた。また、業務内容の詳細では、背景が長いので、端的に結論を先に言うように心がけたことで、質問を多くこなせました。

〇第三者の立場からの指摘をいただけた点が非常にありがたかったです。講師の方が人間的にも技術的にも素晴らしかったです。本物だと思いました。モチベーションを保つのにも助かりました。

〇面接の雰囲気を事前に理解でき、長話になる自分の欠点などがわかった。

〇突っ込みどころ、第三者の視点など、どこに気を付けて考えればよいかを知ることができました。具体的な問答で、自分の業務、話のまとめ方、応用能力の解答への指摘など、自分では気づかなかったことに気づいたことは大きな収穫でした。口頭試験までの間に、十分に内容を練り直すことができ、本番でも類似質問がでたので非常に助かりました。

〇レアな情報や参考書では見えない指導が受けられた。

〇業務の詳細のプレゼンの仕方や、いろいろな質問を浴びせて戴き、どの角度から質問が来ても対応できるようになりました。

受講者の声終わり