「技術士口頭試験」対策

技術士第二次試験の口頭試験は、受験申込書や筆記試験の答案までも審査内容に関連する、技術士になるための重要な最終試験です。受験申込書の作成から、口頭試験は始まっています。入念な対策を、受験申込書の申請時期から行ってください。

◎ なぜ重要か!受験申込書と口頭試験の密接な関係 ◎
〜合格必至のオプション講座〜

■口頭試験完全合格対策講座

技術士第二次試験の口頭試験では、受験者の経歴や「業務内容の詳細」について、どこが技術士にふさわしい点なのかを説明するよう求められます。また、試験官は、受験申込書の内容から、そこには記されていない業務内容の状況や潜在的な問題点などについても質問してきます。ほかにも、口頭試験では、筆記試験での答案に基づく質問や、技術者倫理・技術士制度に関する質問なども矢継早に行われるので、筆記試験終了後は、すぐに口頭試験対策にとりかからなくてはなりません。

シミュレーション公開講座
口頭試験シミュレーション公開講座


マンツーマン個別指導講座
口頭試験マンツーマン個別指導講座

弊社では、口頭試験対策として毎年「技術士第二次試験口頭試験完全合格対策講座」を実施しております。

この講座は「合格する重要ポイントの解説と口頭試験シミュレーション公開講座」と「受験部門の技術士講師によるマンツーマン口頭試問と総仕上げ個別指導講座」の2つの講座からなっております。

前者は、指導実績豊かな技術士講師による口頭試験の概要と受験対策の講義および「口頭試験シミュレーション」を実施します。この「口頭試験シミュレーション公開講座」は、模擬受験者となる受講者、それを見守る他の受講者の双方とも、「大変参考になった」と評価を得ております。

後者のマンツーマン個別指導講座は、受講者と同部門の技術士講師が、受講者の受験申込書と筆記試験の復元答案を事前査読し、口頭模試を含めた個別指導を行うものです。

両方の講座をセットで受講するのが万全ですが、いずれかの講座を受講することも可能です。
 講座受講者への特典として、講座終了後も受験終了者からの情報を元にした「口頭試験速報」をメール配信し、最新の生々しい口頭試験情報を提供します。こちらも大好評を得ております。「技術士第二次試験口頭試験完全合格対策講座」は例年、口頭試験前の11月に実施いたします。平成30年度は、以下の日程で実施いたします。詳細内容は、当サイトでご案内中です。ぜひご覧ください。

「口頭試験シミュレーション公開講座」

東京会場:平成30年11月10日(土)(総合技術監理部門:平成30年12月1日(土))
大阪会場:平成30年11月17日(土)  名古屋会場:平成30年11月11日(日)
福岡会場:平成30年11月18日(日)

「口頭試験マンツーマン個別指導講座」

東京会場:平成30年11月11日(日)、17日(土)、23日(金・祝)
     ※総合技術監理部門:平成30年12月8日(土)
大阪会場:平成30年11月18日(日)  名古屋会場:平成30年11月24日(土)

■受験申込書作成個別指導

受験申込書作成個別指導講座
受験申込書作成個別指導講座

技術士第二次試験の受験申込書は、単なる受験申請書ではなく、口頭試験時に試験官がその内容を元に質問をする重要書類です。

せっかく筆記試験に合格できても、受験申込書の業務経歴票の内容が「技術士にふさわしくない」と試験官が判断されると、厳しい質問がされ、口頭試験不合格ということになってしまいます。特に、平成25年度の技術士試験改正により、従来の「技術的体験論文」の代わりとして業務経歴票の「業務内容の詳細」欄が追加になったことから、受験申込書の重要性がより高くなりました。この「業務内容の詳細」に関する質問が、口頭試験のメインとなったのです。

受験申込書の重要性は、口頭試験を受験してはじめて実感できますが、そのときに後悔しても取り返しがつきません。受験申込み時には、口頭試験までを見据えて「技術士にふさわしい」業務経歴となるよう、受験申込書を作成しておく必要があります。

そのため、弊社では技術士第二次試験対策講座のすべてに受験申込書の添削指導をカリキュラムに加えており、スクーリング時にも指導を行っております。

さらに、元試験委員の講師や、口頭試験指導のベテラン技術士講師による「受験申込書作成個別指導」を受験申請時期に実施しております。特に、講師の個別指導による受験申込書の具体的な修正アドバイスは、大好評を博しております。

2019年度は、以下の日程で実施する予定です。詳細内容は、近日中に当サイトでご案内中いたします。ぜひご覧ください。

受験申込書作成個別指導」

東京会場:2019年4月7日(日) 大阪会場:2019年4月20日(土) 名古屋会場:2019年4月21日(日)

受験申込書の作成時点で、技術士試験は始まっています。
受験申込みから口頭試験まで、一貫して十分な対策を立てて技術士試験に臨んでください。

セミナー
平成30年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座 2日間コース
(東京・大阪・名古屋)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2018/11/10(土),11/11(日)〜 大阪:2018/11/17(土)〜11/18(日)
名古屋:2018/11/11(日),11/24(土)
総合技術監理部門
東京:2018/12/1(土),12/8(土) 大阪:2018/11/17(土)〜11/18(日)
名古屋:2018/11/11(日),11/24(土)
平成30年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−シミュレーション公開講座
(東京・大阪・名古屋・福岡)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2018/11/10(土) 大阪:2018/11/17(土) 名古屋:2018/11/11(日)
福岡:2018/11/18(日)
総合技術監理部門
東京:2018/12/1(土) 大阪:2018/11/17(土) 名古屋:2018/11/11(日)
福岡:2018/11/18(日)
平成30年度 技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−マンツーマン個別指導講座
(東京・大阪・名古屋)
【開催日】総合技術監理部門を除く20部門
東京:2018/11/11(日),17(土),23(金・祝) 大阪:2018/11/18(日)
名古屋:2018/11/24(土)
総合技術監理部門
東京:2018/12/8(土) 大阪:2018/11/18(日) 名古屋:2018/11/24(土)
セミナー終わり
 
通信講座
 
問題集・参考書
 
業務経歴票・口頭試問実例集5
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約120頁
定価 5,000円(税込)+発送料
業務経歴票・口頭試問実例集4
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約140頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
業務経歴票・口頭試問実例集3
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約140頁
定価 5,000円(税込)+発送料
業務経歴票・口頭試問実例集2
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約160頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
技術士第二次試験業務経歴票・口頭試問実例集1
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約130頁
定価 5,000円(税込)+発送料
罫線
 
 
受講者の声

2017年度合格者より

【口頭試験シミュレーション公開講座】

〇試験全体の雰囲気や当日の服装等について有意義なお話を聞くことができました。

〇午前のポイント及び資料はとても役立った。午後のシミュレーションの質疑が的確であった。

〇複数の方の受け答えを聞いて自分なりの回答の仕方を練ることができた。

〇模擬面談を実施して頂き、雰囲気を味わうことができたのが大変役立ちました。また、NGワードや答え方がダメな例の説明が、大変ありがたかったです。

〇特にテキストが充実しており、共通事項については、これ一冊を勉強すれば何とかなると思いました。

〇何が技術士として必要とされ、どう回答しなければならないかが良く分かった。また、他人の面接でも「他山の石」とできる。

〇模擬受験者をさせて頂いたので、、口頭試験をまさにシミュレーションできました。 他の人に比べて自分が全然準備不足なことを、強烈に認識できました。

〇貴重な情報を入手でき、口頭試験の全容を把握できた。

〇先生の講義は注意すべきポイントが明快であり、大変参考になった。また、シミュレーションで面接を模擬している方を見て、自分ならどうするか常に考えながらメモを取った。

〇シミュレーション公開模擬の受験者に選んで頂きありがとうございました。非常に有意義でした。大勢の前で受けるのは緊張しましたがいい経験になりました。

〇シミュレーションでの先生方の質問の仕方は本番にも通じる部分が多々ありました。自分の身に置き換えながらちゃんと答えられるか準備をしたことが本当に役に立ったと思います。

〇シミュレーションは本番さながらの受け答えがわかり参考になりました。また、受験される方のレベルもわかり、自分もなんとかいけるかと思いました。

〇テキストに書いてある想定質問と、模擬面接の方々への質問から、自分だったらどのように答えるか考えて、想定Q&A集を作成することができました。

〇口頭試験の考え方、流れが分かり非常に役に立ちました。

〇面接では、技術士法や倫理綱領などにからめつつ回答することや、回答内容としてふさわしくない例などを丁寧に説明いただき、面接の対策を立てやすくなった。

〇他の人の受け答え方も含めて、自分に照らし合わせながら見ると非常に役立つ。

〇受験者の模擬口頭試験の様子を第三者の立場で観ることができ、問題点・課題が自分なりに抽出ができた。講師による口頭試験のポイントが的確だった。(特に技術士受験動機は、個人に内向きになりやすいが、技術士法第1条が大切であることを説明いただいたことが大きい)

〇ポイントをつかむことができた。模擬面接で受験者に指名していただき、面接を体験できた。他の人の模擬面接でも、やり取りが参考になった。メールでの速報も大変参考になりました。

〇模擬受験者をさせていただきましたが、その際に講師の先生からいただいたご指摘を含めて業務経歴や業務内容の詳細の原稿を作り直しました。本番ではそれに沿って説明をしました。そのため、答えに困る質問はありませんでした。

〇総合技術監理の5つの管理についてどう自分の説明に組み込めば良いかよくわかっていなかったので、話を聞いて返答方法をまとめることができた。また、他の方の回答を聞いて、参考にすることができた。

〇他の人の模擬試験の状況で、皆努力している姿を見て再度頑張ろうという気持ちになりました。

【口頭試験マンツーマン個別指導講座】

〇経歴、業務詳細について説明できるように対策をアドバイスいただいた。自分の弱点を的確に指導していただけた。

〇先生から、「実際の業務で工夫した点をアピールする際、具体的な具体的に採用した手法を挙げて説明すると良い」とのアドバイスを頂きました。実際、口頭試験で詳細業務をアピールする際、「〇〇調査を行うことで、□□を定量的に予測することができた。」と述べたところ、試験官は納得された様子でした。

〇模擬試験を受けられたことで場慣れできた。また、対策が不足しているポイントを洗い出せたし、回答する際の自分の癖を知ることができた。

〇講師に、自分への質問(特に回答し難い質問を中心に)準備していただいた。本番の口頭試験では、作って頂いた質問もあり多いに役立った。

〇全て、非常に役立ちました。マンツーマン個別指導講座の先生には非常に感謝しております。

〇先生の、あえてきびしい質問で訓練でき、想定問答を作成できた。おかげさまで本番では余裕を持って臨めた。

〇準備すべき項目を適切にご指導いただきました。業務内容の詳細の「用語ミス」や使用した手法の整理等、アドバイスいただきました。

〇本番での心構えや実際の模擬面接を体験することで、突っ込まれそうなところや余計なことをしゃべることのリスクを実感した。

〇経歴説明において、受験部門としてもっとアピールした方が良いとのアドバイスを頂き修正。試験当日は、案の定「〇〇工学の視点を織り交ぜて・・・」の試験官からのコメント。助かりました。

〇自分の回答内容を理解して頂けるかどうか確認することができた。回答内容について強調するべきポイントなど具体的に指導して頂いた。

〇実際に口頭模擬試験をしていただき、本番ではあまり緊張せずにいられました。また、個別指導していただきました内容と同じ内容の質問がありました。大変助かりました。

〇先生に丁寧に指摘して頂いたことが大変役立ちました。特に今後の展望事項など、本番までに調べておくべきとアドバイス頂いた内容を熱心に調べて、本番に臨みましたところ、面接官の一人は少し感心されておられました。

〇自分が考えてないところを指摘して頂いた。また、模擬試験で、時間が短いことも体感できた。Q&A作成において、大変参考になった。

〇マンツーマンで場数を踏んでいると、本番の緊張感が全く違いました。

〇講座で先生から指摘された問題が、口頭試験で質問された。大変役に立った。

〇業務経歴のプレゼン方法や解答のコツ(=短く簡潔に答えること)などの重要性を認識できた。

〇模擬口頭試験を行うことで、当日の流れを掴むことができました。受講してよかったと考えております。また、身だしなみから、回答内容までご指摘いただきました点は、当日の試験に活かせたと考えております。

〇具体的な訂正ポイント、想定質問を教えてもらい、当日もほぼそれに近い質問が中心でした。

〇心配なところを丁寧に質問できたため、心配事がなくなり、自分の回答案の作成に専念できた。

〇指導された先生には、口頭試験の心構えをよく指導して頂きました。口頭試験は、時間が短いため、相手の受ける印象・こちら側の気構えが大切なことがよく分かりました。

〇マンツーマン講座は今にして思えば、本番よりも緊張していたかもしれません。難しい想定問題を丁寧に作成して頂き、それに対する回答を考えたことで頭の中で総監技術が整理でき、纏められました。

受講者の声終わり