「環境部門」対策

環境部門は、環境保全計画、環境測定、自然環境保全、環境影響評価の4選択科目があります。
すべての科目に対応してご支援いたします。
模擬試験
1次試験
2021年度技術士第一次試験直前模擬試験(東京・在宅)
【開催日】東京:2021/9/25(土) ※在宅受験も可能です。
 
セミナー
2022年度の技術士試験はこうなる!−事例をあげて2022年度問題を予想−
(東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・新潟・広島・福岡・沖縄)

【開催日】東京:2021/10/10(日) 大阪:2021/10/23(土) 名古屋:2021/12/19(日)
札幌:2021/12/4(土) 仙台:2021/11/6(土) 新潟:2021/11/27(土) 広島:2022/1/15(土) 福岡:2021/11/20(土) 沖縄:2022/2/19(土)
 
1次試験
技術士第一次試験対策 基礎科目特別指導講座(東京・大阪・名古屋)
【開催日】東京:2021/10/2(土)〜10/3(日) 大阪:2021/10/16(土)〜10/17(日)
名古屋:2021/10/23(土)〜10/24(日)
2次試験
 

[2022年度(令和4年度)試験対策]

実践!技術士第二次試験に合格するキーワード集・記述式答案作成オンライン講座
【開催日】2021/11/7(日) ※自宅・職場 全国どこからでも参加できます。
元試験委員がそっと教える技術士第二次試験合格の秘訣(東京・大阪)
【開催日】東京:2021/10/30(土) 大阪:2021/10/24(日)
技術士筆記試験に合格する文章表現力基礎講座−初歩の初歩−(東京・大阪・オンライン)
【開催日】東京:2021/10/24(日) 大阪:2021/10/16(土) オンライン:2021/10/31(日)
 

[2021年度(令和3年度)口頭試験対策]

令和3年度技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座 2日間コース
(東京・大阪・名古屋・福岡)

【開催日】東京:2021/11/13(土)〜11/14(日) 大阪:2021/11/20(土)〜11/21(日)
名古屋:2021/11/14(日),11/23(火・祝)
福岡:2021/11/21(日),2日目はオンラインになります。
令和3年度技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−シミュレーション公開講座
(東京・大阪・名古屋・福岡)

【開催日】東京:2021/11/13(土) 大阪:2021/11/20(土) 名古屋:2021/11/14(日)
福岡:2021/11/21(日)
令和3年度技術士第二次試験口頭試験 完全合格直前対策講座−マンツーマン個別指導講座
(東京・大阪・名古屋・オンライン)

【開催日】東京:2021/11/14(日) 大阪:2021/11/21(日) 名古屋:2021/11/23(火・祝)
オンライン:2021/11/20(土),11/21(日),11/23(火・祝)
 
通信講座
 

 予想模擬問題が的中!

技術士対策講座の添削用模擬問題や、「直前公開模擬試験」での模擬問題と、ほぼ同内容の試験問題が出題されました。以下にその一例として、令和3年度の選択科目試験問題(II・III)を、模擬問題と比較して掲載いたします。当センターの模擬問題は、例年連続して試験問題と類似のものを出題しており、多くの受講者から「問題が的中しました!」と感謝の声をいただいております。

模擬問題を作成したのは、環境部門の主任講師である田脇先生ほか、専門の講師です。ぜひ皆様も、当センターの指導を受けてください!!

【選択科目 II】

◆令和3年度環境部門「環境保全計画」試験問題

脱炭素社会の実現に向けて、地方自治体の取組は活発となっており、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを表明する地方自治体(ゼロカーボンシティ)が増加している。あなたの自治体においても、ゼロカーボンシティを表明することとなり、地球温暖化対策実行計画を改訂することとなった。
あなたが、地方公共団体における実行計画改訂の担当者となったとして、以下の内容について述べよ。

(1)実行計画改訂の背景とともに、調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。

(2)業務を進める手順を列挙して、それぞれの項目ごとに留意すべき点、工夫を要する点を述べよ。

(3)業務を効率的、効果的に進めるための関係者との調整方法について述べよ。

【通信教育添削問題】

脱炭素社会の構築に向け、環境省では地方公共団体に向け、「2050年温室効果ガス実質排出ゼロ」を目指すカーボンゼロシティ宣言の表明を呼びかけている。A市はこれに呼応し、宣言に向けた作業を開始した。あなたが市の推進責任者になったと想定し、以下の内容について記述せよ。

(1)上記業務を進めるに当たり、調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。

(2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。

(3)業務を効率的、効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。

◆令和3年度環境部門「環境測定」試験問題

水質汚濁指標の1つである溶存酸素量の持つ意義を述べよ。また、溶存酸素量の測定方法を2種類挙げ、それぞれの測定原理と特徴を述べよ。

【直前模擬試験問題】

閉鎖性水域における貧酸素水塊の発生が未だ問題となっている。底層の溶存酸素量測定に際し採取時の留意点を述べよ。また、溶存酸素量の測定方法の原理と、測定時の留意点について述べよ。

【選択科目 III】

◆令和3年度環境部門「環境保全計画」試験問題

現在の世界が直面している大きな課題の1つに気候変動問題があり、大気中の二酸化炭素、メタン等の温室効果ガスの濃度が上昇していることが大きな要因となっている。このため、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の実現が必要となっており、各主体においてもこのことに対応することが求められている。このような状況を考慮して、以下の問いに答えよ。

(1)企業の担当技術者としての立場で多面的な観点から課題(対策)を抽出し、その内容を観点とともに示せ。

(2)前問(1)で抽出した課題(対策)のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する解決策を3つ示せ。

(3)前問(2)で示した解決策を実行しても新たに生じうるリスクを3つ示し、その対策について専門技術を踏まえた考えを示せ。

【通信教育添削問題】

2050年の温室効果ガス排出の実質ゼロの達成には、排出削減と同時に、温室効果ガスの吸収や回収、固定が前提となる。従来から推進されている森林吸収に加え、近年CCS、CCUS技術が注目され、実用化に向けた研究開発が進められている。現時点では、世界のCO2排出量が328億トン(2017年)に対して稼働中のプロジェクトを合わせても0.1%にも満たず、さらなるイノベーションによりカーボンニュートラルを成立させることが必須である。これに関し、以下の問いに答えよ。

(1)CCS、CCUSについて、技術者としての立場で多面的な観点から課題を抽出し、その内容を観点とともに示せ。

(2)前問(1)で抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する複数の解決策を示せ。

(3)前問(2)で示した解決策に共通して新たに生じうるリスクとその対策について、専門技術を踏まえた考えを示せ。

◆令和3年度環境部門「環境測定」試験問題

新幹線の整備計画に基づき、環境影響評価を経て新駅ができ、新幹線が開業した。そこで県としては、新しくできた駅や新幹線を含む周辺地域の開発・整備に伴う環境モニタリングを実施することになった。この環境モニタリング計画を立案・実施する担当責任者として、以下の問いに答えよ。なお、解答に当たっては、「大気、水質、土壌、騒音、振動」の中から1つの分野を選び、最初に明記すること。

(1)環境測定の技術者としての立場で多面的な観点から3つ課題を抽出し、それぞれの観点を明記したうえで、課題の内容を示せ。

(2)抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する複数の解決策を示せ。

(3)前問(2)で示したすべての解決策を実行しても新たに生じうるリスクとそれへの対策について、専門技術を踏まえた考えを示せ。

【直前模擬試験問題】

1970年代我が国では公害が大きな社会問題として存在していた。当時より法に基づく常時監視をはじめとした様々なモニタリングが行われており、その実施に当たっては、効率よく信頼度の高い結果を得ることのできるモニタリング計画の策定が求められる。モニタリング計画の策定に関し、以下の問いに答えよ。ただし、大気、水質、騒音・振動のうちのいずれかの分野を選択すること。

(1)計画の策定に際しての課題を、技術者としての立場で多面的な観点から抽出し、その内容を観点とともに示せ。

(2)前問(1)で抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、取り上げた理由とその課題に対する複数の解決策を示せ。

(3)前問(2)で示した解決策に共通して新たに生じうるリスクとそれへの対策について、専門技術を踏まえた考えを示せ。

受講者の声

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
昨日、日本技術士会から合格通知等、貴社から技術士会入会の書類等が郵送されて参りました。豪華通知を受け取り、改めて合格した実感を感じました。

(2018年度第二次試験合格・M様)

おかげさまで、昨夕、無事合格通知を手にいたしました。
貴センターの講座、特に添削指導が学習に大変効果的だったと感じております。ご指導本当にありがとうございました。

(2016年度第二次試験合格・Y様)

選択した問題だけではなく、すべての設問について御社の添削の解答書の解説が大変参考となり、また問題の傾向を予想することができました。

(2016年度第一次試験合格・Y様)


講師紹介
◆技術士を目指す方への一言メッセージ
講師写真
環境部門講師:
小塚 浩志 先生

「技術士は、高い見識と応用力を持つエンジニアの証である。技術の空洞化が叫ばれている今日、技術士の役割は重要となる。日本の技術を支え、発展させる若きエンジニアへの期待は大きい。今日の努力が明日への道を切り拓く。」
講師写真
環境部門講師:
中川 雅博 先生

「『基礎をきわめる』―確かな知識、技術士に相応しい論理展開を身につけましょう。この一年、徹底的に頭脳を鍛え直し、論文作法・解答技法を学び、効果的・効率的に合格基準をクリアしてください。」
講師写真
環境部門講師:
田脇 康広 先生

「的を外した我流の受験勉強では何回挑戦しても合格は難しいです。セミナーで必勝の「型」「ツボ」を徹底的にマスターしてください。」
全部門共通 一次試験
技術士第一次試験基礎科目解答解説集−平成27年度・28年度・29年度・30年度
編著:TCI技術士第一次試験対策研究会
A4判・約120頁
定価:4,000円(税込)+送料
技術士第一次試験適性科目解答解説集−平成27年度・28年度・29年度・30年度
編著:TCI技術士第一次試験対策研究会
A4判・約100頁
定価:4,000円(税込)+送料
罫線
技術士第一次試験基礎科目解答解説集−平成23年度・24年度・25年度・26年度
編著:TCI技術士第一次試験対策研究会
A4判・約110頁
定価:4,000円(税込)+送料
技術士第一次試験適性科目解答解説集−平成23年度・24年度・25年度・26年度
編著:TCI技術士第一次試験対策研究会
A4判・約100頁
定価:4,000円(税込)+送料
 
 
罫線
全部門共通 二次試験
令和2年度技術士第二次試験実務経験証明書・口頭試問ペア実例集−15部門・39事例−
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約155頁
定価:5,000円(税込)+送料
令和元年度技術士第二次試験実務経験証明書・口頭試問ペア実例集−13部門・50事例−
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約175頁
定価:5,000円(税込)+送料
罫線
技術士第二次試験:事例で学ぶ!らくらくできる構造的コンピテンシー表現法
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
約65頁
定価:3,000円(税込)+送料
罫線
罫線
技術士二次試験論文対策参考書
編著者:高遠 健司
A4判・約100頁
定価:5,000円(税込)+送料
技術士二次試験論文対策参考書
編著者:高遠 健司
約100頁
定価:5,000円(税込)+送料
罫線
新・技術士試験に私はこうして合格した!−平成25年度技術士第二次試験合格体験記(14部門/40編)−
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約120頁
定価:5,000円(税込)+送料
感激!私はこうして合格した!!技術士試験合格体験記−39事例公開−
編著:TCI技術士第二次試験対策研究会
A4判・約150頁
定価:5,000円(税込)+送料
罫線
関連商品
環境部門技術士活躍中
たくさんの環境部門の技術士の方が、当社のセミナー、出版物の著者として活躍されております。
是非、皆様からの企画のご提案をお待ちしております。
セミナー

1級土木施工管理技士第二次検定(旧実地試験)対策特別指導講座(小久保優)