試験延期をチャンスに!この時間を有効に使おう!!

技術士第二次試験[必須科目]実践力アップ特別講座
−模擬試験付き(東京・大阪・名古屋)
−オンライン講座&在宅模擬試験

 

 受講のおすすめ

既にご存知の通り、技術士第二次試験(筆記試験)の中でも、必須科目は重要科目です。選択科目では、Ⅱ(Ⅱ-1およびⅡ-2)とⅢの科目の3つの答案の合計点で合格ラインに達すればよいのに対し、必須科目では、1つの答案が合格ラインに達しないと不合格となってしまいます。
必須科目は、「現代社会が抱えている様々な問題について、技術部門全般に関わる基礎的なエンジニアリング問題」が出題されることから、技術部門を超えた横断的なテーマで出題される可能性が高い科目です。実際に、令和元年度の試験では、SDGs、地球温暖化、労働人口減少などが、複数の技術部門で出題されました。
本講座では、全20技術部門(総合技術監理部門を除く)の受験者を対象に、必須科目対策の重要ポイントを講義し、同日に模擬試験[必須科目]を実施します。模擬試験問題は、どの技術部門においても重要なテーマとなる、共通問題です(8問題のうちから1問題を選択解答していただきます)。模擬試験後には、再び講義を行って、模擬試験の解説をいたします。ご提出いただく模擬試験の答案は、各技術部門の技術士講師によって採点・添削指導を行い、その結果を後日お送りします。
会場にお越しいただくのが難しい方には、オンラインで講義を受講し、在宅で模擬試験を受験していただくことも可能です。
試験延期という前例がない事態の最中で、今まで積み上げてきた試験対策のペースを乱さず、モチベーションを維持するためにも、ぜひ本講座にご参加ください。本講座で必須科目の重要ポイントを再確認し、模擬試験で実力をチェックして、実践力を磨き上げてください。

 

 対象部門

全20部門(総合技術監理部門を除く)
機械/船舶・海洋/航空・宇宙/電気電子/化学/繊維/金属/資源工学/建設/上下水道/
衛生工学/農業/森林/水産/経営工学/情報工学/応用理学/生物工学/環境/原子力・放射線

 

 受講料

●一般料金:30,000円(消費税込)

●受講者特価1:25,000円(消費税込)

対象者は,2020年度の「技術士第二次試験合格対策講座」受講者

●受講者特価2:15,000円(消費税込)

対象者は,2020年度の以下の通信講座受講者
技術士第二次試験合格一直線コース
技術士第二次試験実力養成講座
技術士第二次試験完全合格対策講座
再試験受験者向け2020年技術士第二次試験短期合格フルコース
再試験受験者向け2020年技術士第二次試験短期合格ライトコース

 
 

 セミナー日程・講師

◆東京会場・大阪会場・名古屋会場が選択できます!◆

※各会場とも、定員になり次第締め切りますのでお早目にお申込みください。

東京会場

2020年8月1日(土)
10:00〜16:30

[会 場]
 機械振興会館

東京都港区芝公園3−5−8
TEL 03-3434-8211
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

[講 師]
 中川 雅博

ふみ技術士事務所 所長
技術士(総合技術監理部門,
環境部門)

申し込む

大阪会場

2020年8月8日(土)
10:00〜16:30

[会 場]
 大阪科学技術センター

大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
TEL 06-6443-5324
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

[講 師]
 田淵 一光

建設実践研究所 所長
技術士(総合技術監理部門,
建設部門)

申し込む

名古屋会場

2020年8月9日(日)
10:00〜16:30

[会 場]
 名古屋企業福祉会館

愛知県名古屋市中区大須2-19-36
TEL 052-221-6721
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

[講 師]
 田淵 一光

建設実践研究所 所長
技術士(総合技術監理部門,
建設部門)

申し込む

 
 

 オンライン講座&在宅模擬試験

東京会場の講義を撮影した内容を、オンラインで配信します。

[講 師] 中川 雅博
ふみ技術士事務所 所長,技術士(総合技術監理部門,環境部門)

※インターネットに接続可能な通信環境と、パソコンなどの端末が必要となります。
 模擬試験はご自宅など任意の場所で受験していただき、答案をメール添付でご提出いただきます。

オンライン講座&在宅模擬試験 を申し込む
このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
申し込む
 
 
 

 セミナープログラム

●講座スケジュール(予定)

10:00〜12:00 模擬試験前の講義
        (1)必須科目の重要ポイント
        (2)出題テーマの予想
        (3)答案作成の留意点
        (4)試験日までの学習スケジュール
12:00〜13:00 昼休み
13:00〜13:10 問題配付と注意事項の説明
13:10〜15:10 模擬試験[必須科目]
15:10〜15:30 答案回収および休憩
15:30〜16:30 模擬試験後の講義
        (1)模擬試験の解説
        (2)不合格答案に陥りやすい失敗点
        (3)合格答案となるポイント
        (4)質疑応答

◎回収した答案は、各技術部門の技術士講師により採点・添削指導を行い、お送りします。
※録音・録画はご遠慮下さい。