これがわかればコンピテンシー能力審査の新試験は合格する!!

技術士第二次試験合格のベースとなる
「修習技術者のための修習ガイドブック」の活用法(東京・大阪)

「修習技術者のための修習ガイドブック−第3版−(平成27年1月(公社)日本技術士会刊行)」
の内容を理解した上で,積極活用し,修習活動を行っていくことが合格の近道です。

セミナー概要

●講師:井上 里志

  技術士:衛生工学部門
  中小企業診断士
  エネルギー管理士
  工学博士:機械工学

プロフィール

 1975年3月 早稲田大学理工学部機械工学科 卒業
 1977年3月 早稲田大学大学院理工学研究科機械工学 修了
 2008年3月 工学博士(早稲田大学:機械工学)学位取得

 1977年4月 株式会社IHI入社 環境事業部 環境設計部配属
 1987年4月 環境事業部 設計課長
 2001年4月 環境事業部 部長(最終職位)
 2008年9月 退職
 2008年10月 国立大学法人千葉大学入社 教授
 2018年3月 国立大学法人千葉大学退職
 2018年11月 三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社 入社
 現在に至る。

●受講料:25,000円(消費税込)(テキスト代を含みます。)

録音・録画はご遠慮下さい。

昼食は各自おとり下さい。

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
2019年12月1日(日)10:00〜17:00
1日集中講座

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
2019年12月15日(日)10:00〜17:00
1日集中講座

大阪科学技術センター大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
TEL 06(6443)5324
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

 

受講のおすすめ


令和元年度(2019年度)技術士第二次試験の内容が大きく変わりました。
目的はコンピテンシー(資質能力)審査の徹底です。このため,二次筆記試験の出題内容(傾向)が,以上のように大幅に改正されました。
総合技術監理部門を除く全20部門が,必須科目I,選択科目II−2,選択科目IIIについて,ほとんど同じ問いかけパターンになっています。更にどのコンピテンシーが評価されるかまで公開されました。
この内容は「修習技術者のための修習ガイドブック−第3版−(平成27年1月 公益社団法人日本技術士会刊行)」にリンクしており,各解答の方向性を示しています。
本講座では,令和元年度の問題に即して,ガイドブックのどの項目が対応するかを具体的に解説し,令和2年度の予想される問題をどのように解答するかを具体的に指導いたします。
この講座を受講し,理解しておくと,受験勉強のやり方や解答の書き方がわかり,頭の中のモヤモヤが解消され,効果的な時間活用で合格することが可能です。
令和2年度受験される方や,企業内での指導者の方には喜ばしい指針となる講座です。
是非ご受講下さい。
また,企業内講習会のご要望にも応じることができます。当社事務局にご相談下さい。

セミナープログラム

1.新しい二次筆記試験の出題傾向について
  令和元年度の技術士第二次筆記試験は,総合技術監理を除く20部門で,
  以下のように類似の設問になっています。


 必須科目 I(総合技術監理を除く全部門)
  (1)技術者の立場で,多面的な観点から複数の課題を抽出し,分析せよ。
  (2)最も重要な課題を1つ挙げ,その課題に対する複数の解決策を示せ。
  (3)解決策に共通して新たに生じうるリスクそれへの対策について述べよ。
  (4)業務遂行にあたり必要な要件を,技術者としての倫理社会の持続可能性の観点から述べよ。

 選択科目 II−2(総合技術監理を除く全部門)
  (1)担当責任者として調査,検討すべき事項その内容について説明せよ。
  (2)業務を進める手順について,留意すべき点工夫を要する点を含めて述べよ。
  (3)業務を効率的,効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。

 選択科目 III(総合技術監理を除く全部門)
  (1)技術者の立場で,多面的な観点から課題を抽出し,分析せよ。
  (2)最も重要な課題に対する複数の解決策を示せ。
  (3)解決策に共通して新たに生じうるリスクそれへの対策について述べよ。

2.修習ガイドブック概要説明
  (1)構成内容
  (2)一番重要な第3章「修習技術者に求められる資質・能力」
  (3)試験に出題される重要ポイント

3.二次試験解答作成のためのガイドブック活用法

 A 必須科目I
  (1)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.1 専門技術能力」「3.2 問題分析」
  (2)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.2.2 解決策のデザイン及び開発」「3.2.3 評価」
  (3)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.2.4 技術のマネジメント」「3.2.3 評価」
  (4)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.3 行動原則」

 B 選択科目II−1
  質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.1 専門技術能力」

 C 選択科目II−2
  (1)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.1 専門技術能力」「3.2 問題分析」
  (2)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.2.4 技術のマネジメント」
                       「JIS Z 8141-1215 財・サービスの生産に関する
                       管理活動」
  (3)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.2.5 コミュニケーション」
                       「3.2.6 リーダーシップ」

 D 選択科目III
  (1)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.1 専門技術能力」「3.2.1 問題分析」
  (2)の質問の修習ガイドブックの関連項目…「3.2.2 解決策のデザイン及び開発」「3.2.3 評価」

4.令和2年度(2020年度)問題の予想と注意点

◎ 質疑応答