2021年度試験はどうなる? 技術士試験合格への第一歩は本ガイダンスから!

2021年度(令和3年度)技術士第二次試験合格のポイント ─受験対策のポイントと対策講座ガイダンス─
(東京・大阪・名古屋・オンライン(動画配信))

2021年度(令和3年度)の技術士試験に向け、技術士のベテラン講師による受験のポイント、
合格へのアドバイスのほか、各種対策講座の特長の解説、個別指導を実施! 合格一直線!

セミナー概要

●受講料:無料(テキスト代1,000円を当日,会場にてお支払い下さい。)

※オンライン(動画配信)にお申し込みの方には,テキストとともに
 テキスト代1,000円の請求書をお送りします。

※録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場・名古屋会場・オンライン(動画配信)が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
 2021年1月31日(日)
 13:30〜16:30

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211

(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
 2021年2月6日(土)
 13:30〜16:30

エル・おおさか
(大阪府立労働センター)
大阪府大阪市中央区北浜東3-14
TEL 06(6942)0001
(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

名古屋会場

[日時/会場] 
 2021年2月13日(土)
 13:30〜16:30

名古屋企業福祉会館愛知県名古屋市中区大須2-19-36
TEL 052(221)6721

(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

 
 

オンライン(動画配信)

2020年11月3日に東京会場で開催した「2021年度(令和3年度)技術士第二次試験合格のポイント−受験対策のポイントと対策講座ガイダンス−」の録画をオンラインで動画配信します。

※動画の視聴用URLはメールでご案内します。

オンライン(動画配信)を申し込む
このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
申し込む
 
 

受講のおすすめ


技術者の最高峰の資格である技術士試験は、2021年度で63回目(63年目)を迎えます。
技術士資格に対するニーズは高まる一方、試験の難度も高く、独学で合格するのは困難です。
2021年度は、技術士第二次試験の改正3年目となります。試験の改正内容の理解と、変更点に基づく対策が、2021年度第二次試験を合格するには必須です。
当センターでは、2021年度の技術士第二次試験にチャレンジされる受験者の方々のために、試験合格への第一歩として本ガイダンスを実施いたします。
本ガイダンスでは、試験改正事項や2020年度の出題内容を踏まえ、試験内容はどう変化したか、2021年度はどのような出題が予想されるか、どのような学習方法が有効か、などの内容について、受験指導のベテラン技術士講師による技術士試験合格のためのポイントのほか、2021年度試験合格に向けての技術士第二次試験各種対策講座のカリキュラム説明や、合格者体験談など、これから技術士を目指す方にとって、ぜひとも聞いていただきたい内容を盛り込んでおります。
「今まで何度も技術士試験を受験してきたがなかなか合格できない。」「新しい技術士試験にはどんな対策をすればよいのだろう?」という方から、「技術士には関心があるけれど、どんな資格か今ひとつわからない」という方まで、幅広く参考になるガイダンスです。
本ガイダンスの受講料は、無料です(ただしテキスト代として1,000円いただきます)。
2021年度の技術士第二次試験合格を目指し、本ガイダンスで技術士へのスタートラインを切ってください。
※本ガイダンスは毎年大好評を博しており、今回も満席が予想されます。
 お早目にお申込ください。

ガイダンスプログラム

1.試験に臨むに当たって
  1.1 「技術士資格をとるぞ」と決意する
  1.2 敵を知り,己を知る
  1.3 充分な準備をする


2.技術士制度と技術士法の改正
  2.1 技術士制度
  2.2 技術士法の改正
  2.3 2013年度の試験方法の改正について
  2.4 2019年度の試験方法の改正について


3.技術士試験の内容と準備
  3.1 新試験の変更点と出題内容について
  3.2 技術士試験の実施要綱
  3.3 合否決定基準と合格率
  3.4 受験対策


4.技術士第二次試験合格のポイント

5.技術士第二次試験対策講座の概要

6.技術士第二次試験対策講座の構成と
  その特長について
  6.1 対策講座の構成
   1)技術士第二次試験合格のポイントと講座
    の理念
   2)各種特別指導講座(セミナー)

  6.3 試験問題を予測する
   1)専門知識と応用能力とは何か
   2)問題解決能力及び課題遂行能力とは
   3)コンピテンシーによる評価項目
   4)実務経験証明書の書き方
   5)口頭試験対策
   6)総合技術監理部門対策
  6.4 受験者必携参考書籍
  6.5 受講者の合格者からの喜びの声


7.特別紹介
  7.1 夢・創造技術士(活躍する技術士紹介)
    〜日本工業新聞関連記事〜


8.合格体験談

◎ 質疑応答&教育訓練給付金制度

◎ 個別相談

参考資料
 1.他の国家資格で定める業務上の特典
 2.他の国家・公的資格取得の特典
 3.技術部門別の選択科目の内容(新旧対照表)
 4.技術士試験の概要について
 5.技術士第二次試験試験結果
 6.技術士法