大変化の年の受験対策はここから始まる!!

2019年度の技術士試験はこう変わる!
−事例をあげて2019年度問題を予想−
(東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡・沖縄)

的中した平成30年度に続き2019年度の問題を予想。技術士制度の未来もわかり疑問が解消します。
一次試験の部門統合はいつから,技術士補制度はなくなるのか,二次必須科目の評価項目に対応して小論文をどう書くか,「問題解決能力」と「課題遂行能力」の意味は,受験申込書はどこが変わるか,口頭試験内容はどう変化するか,技術士資格更新制はいつスタートするか,総合技術監理の位置づけは,技術士制度活用の新領域と他の国家資格での免除内容とは。

セミナー概要

●講師:新技術開発センター技術士試験対策講座代表幹事 他

●受講料:10,000円(消費税込)(資料代を含みます。)

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡・沖縄会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場]
 2018年12月8日(土) 
 13:00〜16:30

機械振興会館 東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03-3434-8211
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場]
 2018年12月15日(土) 
 13:00〜16:30

大阪科学技術センター大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
TEL 06-6443-5324
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

名古屋会場

[日時/会場]
 2019年2月2日(土) 
 13:00〜16:30

名古屋企業福祉会館愛知県名古屋市中区大須2-19-36
TEL 052(221)6721
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

申し込む

札幌会場

[日時/会場]
 2018年12月22日(土) 
 13:00〜16:30

TKP札幌ビジネスセンター 北海道札幌市中央区北3条西
3-1-44 ヒューリック札幌ビル
TEL 011-600-2614
(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

仙台会場

[日時/会場]
 2019年1月12日(土) 
 13:00〜16:30

TKP仙台カンファレンス
センター
宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3
ソララガーデンオフィス
TEL 022-200-2614
(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

福岡会場

[日時/会場]
 2018年11月17日(土)満席 
 ※次回2019年2月17日(日) 
 13:00〜16:30

リファレンス駅東ビル福岡県福岡市博多区博多駅東
1-16-14
TEL 092-432-0058
(申し込み後、地図を送付
 いたします) →会場地図

 2019年2月17日(日)開催分 申し込む

沖縄会場

[日時/会場]
 2019年2月10日(日) 
 13:00〜16:30

沖縄県青年会館 沖縄県那覇市久米2-15-23
TEL 098-864-1780
(申し込み後、地図を送付
いたします) →会場地図

申し込む

 

受講のおすすめ

平成30年度の技術士試験も我々の予想が的中。
働き方改革,AIとIoT,機械学習とデープラーニング,再生可能エネルギー,オープンイノベーション,SDGs,防災対策,生物多様性等々。その論理的推察力と情報収集力を高く評価いただきました。
今回も2019年度(平成31年度?)の技術士第一次試験と第二次試験はどうなるかを,具体的事例をあげて予想いたします。
また,技術士試験対策講座の幹事講師が,新しい受験申込書の書き方,小論文制になった必須科目の問題点と対策法,選択科目のII,IIIの答案の書き方,新しい内容になる口頭試験の答え方等を指導いたします。
また,今後の技術士制度及び試験がどう変わっていくかの未公開情報を含めて,生々しい問題も提供いたします。
技術士第一次試験の大変化,技術士資格更新制等の予測を公開。2019年度の問題を予想いたします。
更に,あまり知られていない技術士活用領域の公開も併せて行います。
2019年度技術士試験(第一次試験,第二次試験)にチャレンジしようと思っている方には,必聴の講義になると思われます。東京,大阪,名古屋,札幌,仙台,福岡,沖縄で開催いたします。会場をお選びいただき,是非,この機会をお見逃しなくご受講下さい。合格への第一歩です。

セミナープログラム

1.2019年度(平成31年度?)の試験はどう変わるか
 1)小論文形式になる必須科目はどうなるか
 2)平成24年以前とどう違うか
 3)評価項目の意味をどうとらえるか(コンピテンシー重視)
 4)選択科目が96科目から69科目へ
   要注意の科目は何か
 5)業務経歴票の書き方の変更は何か
 6)口頭試験の内容はどう変わるか
 7)他の国家資格取得による一次試験の免除について
 8)過去問そのままは出題されるか


2.近づく大変更は何か
 1)一次試験の5分野統合はいつからか
 2)技術士補制度はなくなる
 3)技術士資格更新制はいつからか
 4)ステージ制と総合技術監理部門
 5)総監の併願と単願
 6)世界に通用する技術士に必要な英語能力


3.2019年度技術士試験合格の秘訣
 1)新しい受験申込書の書き方
 2)評価項目を意識した小論文の書き方と時間配分
 3)I 必須科目小論文の書き方
 4)選択科目II-1の書き方
 5)選択科目II-2の書き方
 6)Vの攻略法
 7)目標→問題→課題
 8)総合技術監理とプロジェクトマネジメント
 9)択一式と青本項目のパーセントは
 10)口頭試験の新傾向とコンピテンシー評価


4.続々的中した平成30年度問題と2019年度問題予想
 1)続々的中報告,添削問題,模擬試験問題
 2)当講座でも予想的中(働き方改革,パリ協定,ソサィアティ5.0,
   デープラーニング,再生可能エネルギー,ICT化,等々)
 3)2019年度は何が出題されるか!
   ・中心となる持続可能な開発目標SDGs
   ・オープンイノベーションとその基盤
   ・防災対策と被災地復興
   ・国際競争力
   ・データ改ざん問題
   ・地球環境問題
   ・デープラーニングとデータサイエンティスト
   ・人口減と生産性
   ・自動車EV化 等々


5.国際化の中での技術士制度(試験への影響大)
 1)技術士のステージ制と資格更新制
 2)IEAの審査チェックとその対応
 3)試験におけるコンピテンシーの確認
 4)受験申込書への影響
 5)記述式問題への影響
 6)口頭試験への影響
 7)CEからPEで何が変わったか


6.情報投資:受験対策講座と参考書の活用
 1)技術士試験に合格しない理由
 2)29年度は当社単年度講座受講・書籍購入合格者500名をこえる(ダントツ)
 3)専門分野別協力指導講師・執筆者・添削者・作問者300名以上(ダントツ)
 4)情報投資額を決める
 5)どの講座を受講するか
 6)どの参考書を活用するか(会場で展示販売)
 7)お気に入りに入れておくべきサイト(効果的情報収集)
 8)大系図を参考にしてプランと予算で決める


7.これからの技術士試験と技術士資格はどこへ向かうか

◎ 質疑応答

◎ 個別相談