必須科目,選択科目II-1,II-2,IIIの書き方がわかる!

プロセスチェックでぐんぐん上達が見える化する
技術士第二次試験小論文の書き方(東京・大阪)

プロセスチェックにそって実際に論文を作成,その効果を体験します。

セミナー概要

●講師:大和田 義明

  大和田技術士事務所 所長
  技術士 機械,総合技術監理部門

プロフィール

 1951年10月生まれ
 1975年4月 ソニー株式会社入社
    主にVTR用サーボモータ,テレビ,蒸着テープ,電子デバイス用真空成膜機,
    家電リサイクルなどの生産技術開発業務に従事,その間,課長,部長を歴任。
 2005年9月 独立行政法人日本学術振興会 薄膜第131委員会 企業協力委員(〜2年8か月)
 2007年4月 技術士免許登録(機械,総合技術監理部門)文部科学省第62558号
 2009年4月 ソニー株式会社円満退社
 2009年4月 社団法人日本技術士会 機械部会幹事(〜2期4年)
 2009年6月 大和田技術士事務所開業,同所長(〜現在に至る)
 2010年1月 APECエンジニア・EMF国際エンジニア審査委員(〜2期4年3か月)
 2011年7月 公益社団法人日本技術士会 防災支援委員会委員および幹事(〜2期4年)
 2015年7月 同上 専任委員(〜1年)

●受講料:35,000円(消費税込)(テキスト代含みます。昼食は各自でおとり下さい。)

2018年,2019年度の技術士関連通信講座※受講者は5,000円引き。
※割引対象通信講座
 技術士第一次試験合格対策講座技術士第一次試験完全合格対策講座
 技術士第二次試験合格対策講座技術士第二次試験完全合格対策講座
 技術士第二次試験実力養成講座技術士第二次試験合格一直線コース

テキスト「はじめて解く技術士第二次試験記述式問題プロセスチェックによる合格答案作成法
(約70頁,定価3,000円)既購入の方は3,000円引き。

両方の該当者は8,000円引きになります。割引対象の方は、通信欄にご記入下さい。

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
2019年1月20日(日) 10:00〜17:00
1日集中講座

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
2019年1月27日(日) 10:00〜17:00
1日集中講座

たかつガーデン(大阪府教育会館)大阪府大阪市天王寺区東高津町7-11
TEL 06(6768)3911
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

 

受講のおすすめ


技術士第二次・筆記試験(総合技術監理部門を除く)は,2019年から改正されました。
必須科目Iが,選択科目IIとIII共に,出題が記述式になりました。
2019年度は改正後の初年度のため,必須科目Iの出題形式は,現時点ではまだ分かりません。
必須科目Iは,1問を3枚で解答と想定します。
選択科目IIは,問題の種類に変更がないので,1問を1枚で解答,他1問は2枚で解答と想定します。
選択科目IIIは,従来通りに1問を3枚での解答になります。
テキストの編さん目的は,次のような疑問や質問に応えるものです。

  1. 技術士第二次・筆記試験を受験したいが,これまでに技術的な論文を全く書いた経験がないので,
    何から始めたらよいでしょうか?
  2. キーワード(以下,KW)って,よく分かりませんが何でしょうか?
  3. 必須科目Iが,従来の択一式から記述式に変更になりました。どのような対策が必要でしょうか?
  4. 必須科目I,選択科目IIとIIIの解答設問(以下,設問)にて,それぞれ専門知識と応用能力,
    とか問題解決能力と課題遂行能力って問われているけれど,実際にはどのように書けばよいでしょうか?
これらを踏まえて,テキストでは今までに記述式答案を全く書いた経験がない人を対象に,ゼロからの答案の作成方法について述べます。
技術士試験には21部門があります。これらの部門では,それぞれの分野における特徴的な文言の使い方や出題傾向などがあります。紙面に全てを網羅する余裕がありませんので,セミナーでは包括的な視点における答案作成上の要領について,懇切丁寧に指導いたします。是非ご受講下さい。

セミナープログラム

はじめに

1.技術士第二次・必須/選択科目の内容
 1)答案で解答すべきポイント
  (1)2019年度改正後の第二次試験概要
  (2)2019年度第二次筆記試験出題内容
 2)表現の工夫方法
  (1)必須科目I
  (2)選択科目IIー1
  (3)選択科目IIー2
  (4)選択科目III


2.かんたんな技術的文章をつくってみよう!
 1)問題文の例
 2)文章のつくり方
  (1)問題文と設問に関連する
     技術情報の調査
  (2)キーワード(KW)の抽出
  (3)あなたから周囲の人への情報発信を
     想定
  (4)KWを使用した箇条書き説明
  (5)KWを使用して短い文章を1本作成
  (6)KWを使用して短い文章を複数本
     作成
  (7)複数本の文章間に連続性をもたせる
  (8)論旨に一貫性をもたせる
  (9)添削を活用してさらに完成度を向上
     させる


3.KW集のかんたんなつくり方
 1)省庁の白書を利用する
 2)学協会誌文献・技術図書等を利用する
 3)業界新聞・資格等の活動概要を参考に
    する
 4)KWを見える化で整理整頓
  (1)概要
  (2)手法
4.答案を作成する方法
 1)必須科目I(想定3枚答案)
 1)1 答案作成上の留意事項と手順
 1)2 必須科目T答案の作成例
  (1)答案作成例 Type-1
    (3枚組1枚毎完結型答案)
  (2)答案作成例 Type-2
    (3枚組3枚型答案)
 2)選択科目II−1(1枚答案)
 2)1 答案作成上の留意事項と手順
 2)2 選択科目II−1答案の作成例
  (1)例題と答案作成手順
  (2)答案作成例 PART-1と主な改善指摘
     事項
  (3)答案作成例 PART-2(PART-1の
     改善例)
 3)選択科目II−2(2枚答案)
 3)1 答案作成上の留意事項と手順
 3)2 選択科目II−2答案の作成例
  (1)例題と答案作成手順
  (2)答案作成例 PART-1と主な改善指摘
     事項
  (3)答案作成例 PART-2(PART-1の
     改善例)
 4)選択科目III(3枚答案)
 4)1 答案作成上の留意事項と手順
 4)2 選択科目III答案の作成例
  (1)例題と答案作成手順
  (2)答案作成例 PART-1と主な改善指摘
     事項
  (3)答案作成例 PART-2(PART-1の
     改善例)


5.まとめ(合格答案作成17か条)

◎ 質疑応答