前のページへ戻るホームへ戻るテクノビジョダイジェスト
 
2019.11【特集記事】

今がチャンス!技術士試験
〜改正2年目の試験合格を狙え!

第6章 2020年度試験突破!「技術士試験対策講座」
    〜全講座の特長丸わかり〜


 

6−1.技術士試験合格のための必須講座

株式会社新技術開発センターが主催する技術士試験対策講座は、開講以来50年を越えた指導を続け、累計合格者数は我が国最大を誇る伝統と実績ある講座です。
技術士試験のここ数年の全国受験者合格率は、第一次試験では全部門平均約40%、第二次試験では全部門平均約15%前後ですが、当センターの受講者の合格率は非常に高く、ここ数年の実績では、第一次試験対策講座は約60%、第二次試験対策講座は約30%の受講者が合格の栄冠を勝ち取っております。
講師陣は皆、指導歴豊富で、合格者を数多く輩出した実績を持ち、技術士の育成に情熱を注いで熱心に受験指導を行う方ばかりです。
講座を修了した受講者からのご推薦で、受講者のご同僚・後輩の方々が受講されるケースも大変多く、受講者数は年々増加しております。
各種講座は、厚生労働省指定講座(教育訓練給付制度の対象講座:後述)、社団法人全国産業人能力開発団体連合会(JAD)の優良講座に認定されており、多くの企業から採用いただいている、信頼のおける講座です。

6−2.合格者が語るアドバイス

当センターでは、平成25年度技術士第二次試験に合格した方の体験記を掲載した「新・技術士試験に私はこうして合格した!」を発行しております。25年度は、以降、平成30年度までの試験形式になった初年度の試験ですので、体験記を記された方々は「どのような試験内容になるのだろう?」と不安を抱えながらの学習でしたが、見事合格されました。同書から、ほんの一部ですが抜粋紹介いたします(詳細は同書をご参照ください)。これらの内容は、2020年度の試験受験に際しても参考になるものです。
  • 受講講座テキスト及び過去問を用いて準備を進めました。過去に登場するキーワードの種類が多く、それらを一つ一つ説明できるよう勉強することに苦労しました。自分の言葉で説明ができるまでキーワードを理解し、原理、特徴、利点、課題、将来性等を1枚600字に簡潔に手書きでまとめる作業を繰り返し行いました。試験準備は長期にわたるため、早い段階で添削問題の解答を作成し、講師の方のレビューを受け、文章構成等について指摘内容を反映して準備を進めることが重要です。
  • 受験申込書を出す段階で、口頭試験を意識する必要があることを、通信教育のスクーリング授業で教わり、添削では、試験官という読者を意識しての手直しをいただき、他人に読んでもらうため、理解いただくための論立て、強調の仕方、さらには自己の経歴のどこが試験官から見ても「創意工夫点」になるかを指導していただき、大変参考になりました。
  • 二次試験は技術論文を作成するため、技術文書作成に伴う「作法」を知ることが重要です。難しい技術内容を易しく説明するためには、相当な技術力や文書力が必要です(難しい内容を難しいまま説明しても伝わりません)。講座で章立て、見出しや箇条書きを基本とした文書作成の「作法」を教えて頂き大変勉強になりました。合格した今でも非常に役立っています。
  • 何から始めて良いか分からない人は、「過去問解答の書き写し」をお奨めします。時間の無駄のように見えますが手書きで技術論文を作成することの大変さを修得できるとともに、技術知識の修得にもなります。また文字だけの文章がいかに読み難いかも分かり、自分だったらこう書くと工夫も生まれてきます。
  • これまでの私の試験準備は、自分で約10題の練習答案を作り、それを丸暗記して試験に臨んでいました。そして、当日の試験では、問題文を読み、その題意に近い練習答案を引用し、それを加工・変形しながら答案を書きました。つまり、こちら側の答案に試験問題を誘導・関連付けしようとしていたのです。ただこれでは、試験官に読んで頂ける答案には到底適うはずがなく、全てゴミ箱行きでした。そこで、数年前から、キーワード毎に、現状、課題、対応策を箇条書きし、それを暗記して試験に臨みました。あえてストーリー(答案の組み立て)を作らずに試験本番に臨み、当日の問題を見てから最初の約15分間でストーリーをつくり、それから答案を書き始めました。答案の良し悪しはこのストーリー(骨格)作りで、ほぼ8割が決まります。それだけ大事な作業です。逆に、ストーリーさえ固まれば、あとは頭にある文章を書き込むだけですから、比較的楽な作業です。特に問題IIは時間が足りないと焦る必要もありません。この方法で本当に書けるのかという不安でいっぱいでしたが、当日は頭の中で肉付け(当日頭に浮かんだ経験上の文章も加筆)をしながら意外と書けるものです。また、この方法でないと、当日の試験問題の題意に正確に答えることはできません。要はストーリーの作成に必要な自分の引き出し(答案材料)をいっぱい持っておくことが肝心だということです。
  • 私が、技術士に合格できた大きな要因を整理します。以下の3つと考えています。
    • 日々、短時間ながらコンスタントに勉強を継続したこと
    • 新技術開発センターの通信教育や、別途購入した参考書等が大変参考になったこと
    • 技術士に必ず合格し、資格を活かし社会に貢献したいという強い意志を持ち続けたこと
    技術士は、難関といわれていますが、勉強さえすれば必ず合格できる資格です。
以上、合格者の方々からのアドバイスをいくつか挙げましたが、多くの方々から、通信教育講座での添削指導やスクーリングでの面談指導が試験合格に大変役立ったとのご感想をいただいております。
技術士試験対策講座は、第一次、第二次とも複数の講座があり、ご自身のニーズに合わせて講座を選ぶことができます。次章以降に、技術士試験対策講座の具体的な内容を紹介してまいります。
改正2年目の新技術士試験対策に、当講座は必須ツールです。当講座をパートナーとして、2020年度技術士試験の完全合格を果たしてください。

6−3.技術士第一次試験対策講座の特長と内容

(第一次試験対策関連URL⇒http://pe.techno-con.co.jp/item/1st.html
技術士第一次試験対策講座には、次の2講座があります。
  技術士第一次試験合格対策講座
  技術士第一次試験完全合格対策講座
両者の特長を以下に記します。

(1)技術士第一次試験合格対策講座 (1−A)
  1. 対象部門:以下の16部門です。
    機械/電気電子/化学/金属/建設/上下水道/衛生工学/農業/森林/水産/経営工学/情報工学/応用理学/生物工学/環境/原子力・放射線
  2. 開講時期:随時開講
    受講期間:3か月(+3か月の猶予期間があります→在籍期間:6か月)
  3. テキスト:部門別テキスト(「基本テキスト」、「令和元年度試験問題と解説」の2冊)、添削問題及び解答・解説(各3回分)
    部門別テキストは、第一次試験の概要と適性科目・基礎科目・専門科目の過年度問題と対策を中心に構成されています。
  4. 添削回数:3回
    各回の科目と問題数、解答形式、配布スケジュールは以下のとおりです。
    表
    添削問題は、実際の試験と同じ出題数・出題形式で作成しております。また、各科目とも力をつけていただくため、各2回ずつの課題を課しております。
    提出された答案は採点・講評を行い、解答・解説とともにご返送いたします。
  5. スクーリング回数:0回
  6. 教育訓練給付制度(後述):指定講座
(2)技術士第一次試験完全合格対策講座 (1−B)
  1. 対象部門:(1)と同じ16部門です。
  2. 開講時期:7月(第1回スクーリング開催日より)
    ただし、受講申込後にテキスト、第1回添削課題をお送りしてすぐに学習を始められます。受講ご希望の場合は、お早めに受講申込されることをお勧めします。
    受講期間:6か月(閉講:12月)
  3. テキスト:部門別テキスト(「基本テキスト」、「令和元年度試験問題と解説」の2冊)、添削問題及び解答・解説(各3回分)
    部門別テキスト、添削問題及び解答・解説については、(1)の技術士第一次試験合格対策講座と共通です。ただし、スクーリングでの模擬試験等の配布資料は、「完全合格対策講座」の受講者のみに配布します。
  4. 添削回数:3回
    各回の科目と問題数、解答形式、配布スケジュールは以下のとおりです。
    表
  5. スクーリング回数:3回
    スクーリング付きの講座であることが、技術士第一次試験完全合格対策講座の大きな特長です。スクーリングとは、会場に集合していただき、他の受講者と一緒に講師の生の講義を受講する対面講座です。テキストだけではわかりにくかったことも目の前の技術士講師によって具体的に学ぶことができますので、効果的な学習が行えます。
    スクーリングでは、模擬試験や個別面談の時間もありますので、はじめて受験される方や、学習の仕方がわからない方、何度も受験に失敗している方に最適です。専門の技術士が指導にあたりますので、第一次試験対策のことはもちろん、今後目指す第二次試験についての相談も受けることができます。また、部門別講義では同部門の受験者と知り合うことができ、お互いに励ましあい、情報交換をしあうことができるというメリットもあります。
    スクーリングの日程と内容は、以下のとおりです(専門科目対策については、部門別に分かれて担当講師が指導します)。2020年度は、東京会場のみの実施です。
    表
  6. 教育訓練給付制度:指定講座
    教育訓練給付制度(一般教育訓練)は、キャリアアップや再就職に有利な通信・通学制で厚生労働省が指定する実績・信頼のある講座が対象となります。
    一定の条件を満たす方がこの対象講座を修了しますと、受講料の2割がハローワークから支給されるというメリットがあります。
    支給対象者の条件などの詳細は下記のホームページに掲載されておりますのでご参照ください。
    https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_education.html
(3)特別指導講座(セミナー)について

特別指導講座とは、通常の対策講座のほか、皆様のご要望により追加開催するセミナー形式の特別講座です。
第一次試験対策では、例年、「基礎科目特別指導講座」を開催しております。
この講座では、2日間にわたり基礎科目の試験内容である「設計・計画」、「情報・論理」、「解析」、「材料・化学・バイオ」、「環境・エネルギー・技術」の5分野について、模擬試験を実施しながら攻略ポイントをわかりやすく講師が指導し、毎回大好評を得ております。
そのほか、1日で集中的に講義を行う「適性科目一日特訓講座」も、特別指導講座として実施しています。
対策講座の受講者は、各特別指導講座を割引受講料で受講することができます。

(4)技術士第一次試験対策講座の比較と受講者の声

いままで述べてきました技術士第一次試験合格対策講座技術士第一次試験完全合格対策講座の特長を、下表の比較表で示します。
表
どちらの講座も、質問等については随時EメールやFAXでも受け付けますので安心して受講できます。特に「完全合格対策講座」では、スクーリング時に講師に面談で質問できますので、理解が進みやすいです。

以下に、過年度講座で実施したアンケートから、受講者の感想をいくつか掲載いたします。アンケートは試験実施後に行い、合格発表前に回答をいただいておりますが、この方々は全員が合格されました。ぜひ皆様も、この方々に続いて技術士への道の第一歩を歩み始めてください。
  • 過去の試験問題の解説が概ね丁寧で、非常に理解しやすかった。(合格対策・金属)
  • 受験対策を始めるにあたって、テキストの構成が分かりやすく良かった。添削問題が受験対策への取り掛かりの大きなきっかけとなった。(合格対策・建設)
  • 専門科目では無限の出題範囲から的を射た問題を出題していただき、丁寧な解説もつけていただいてとても勉強になった。(合格対策・衛生工学)
  • 情報工学部門には市販のテキストが1冊しかなく、しかも間違いだらけとの評判であったので、御社の講座は役に立った。(合格対策・情報工学)
  • 課題に対しては、力を試すだけでなく、力をつけるという観点で、2度解いたものを提出するようにしました。1回目は独力で、二回目は調べた上で回答・提出しました。またそれを一か月ごとに進めることができたのが、良かったと思います。ありがとうございました。(合格対策・応用理学)
  • 選択した問題だけではなく、すべての設問について御社の添削の解答書の解説が大変参考となり、また問題の傾向を予想することができました。(合格対策・環境)
  • 勉強するポイントが明確だったため、迷うことが無かった。(完全合格・機械)
  • 適性、基礎科目は知らないことを1から学べた。専門はかつての記憶がよみがえった。(完全合格・電気電子)
  • 模擬試験問題、専門科目過去問題集、スクーリング 全て役に立ちました。(完全合格・化学)
  • スクーリングで解いた予想問題が本番で的中した。(完全合格・金属)
  • 合格のための勉強の方法がわかった。(完全合格・建設)
  • 基礎科目については受講しないと基準点には届かなかったと思います。大変助かりました。適性科目、専門科目においても受講してよかったと思っております。今のところ合格基準を満たしているため大変感謝しております。ありがとうございました。(完全合格・建設)
  • 専門科目でご指導いただきました講師には、項目ごとに色々な出題パターンをまとめて頂いたり、試験勉強のスケジュールをご説明して頂いたりと、合格までの丁寧な指導を頂き、大変満足しています。(完全合格・経営工学)
  • いずれの科目についても出題されるポイントを知ることができ、学習した内容を得点につなげることができた。(完全合格・情報工学)
  • 特に専門がこれまで解けなかった問題が解けるようになりました。基礎や適性も自信を持って回答できるようになりました。ありがとうございました。(完全合格・生物工学)

(5)技術士第一次試験対策講座の受講申込方法

講座のお申し込みは、ホームページからお申し込みいただくことができます。また郵便・FAX・E-mailでのお申込みも可能です。
受講申込受付後に、受講証・請求書・講座のご案内、テキストと第1回添削課題等をお送りいたします。
お申し込み先
(株)新技術開発センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町17の2 一番町ビル3F
TEL 03-5276-9033、FAX 03-5276-9034、service@techno-con.co.jp

6−4.技術士第二次試験対策講座の特長と内容

(第二次試験対策関連URL⇒http://pe.techno-con.co.jp/item/2nd.html
技術士第二次試験対策講座には、次の4講座があります。
  技術士第二次試験合格対策講座
  技術士第二次試験完全合格対策講座
  技術士第二次試験実力養成講座
  技術士第二次試験合格一直線コース
技術士第二次試験合格対策講座はスクーリングなし、他の3つの講座はスクーリング付きです(4つの講座とも、すべて教育訓練給付制度の指定講座です)。
特にお勧めなのは、「筆記試験直前公開模擬試験」と「模擬試験の解説と個別指導」を含めた、7回のスクーリングがある「技術士第二次試験合格一直線コース」です。
これらの講座はすべて、2020年度の試験合格に照準を合わせたカリキュラム内容としております。
上記4講座の特長を以下に記します。

(1)技術士第二次試験合格対策講座 (2−A)
  1. 対象部門:以下の18部門です。
    機械/航空・宇宙/電気電子/化学/金属/建設/上下水道/衛生工学/農業/森林/水産/経営工学/情報工学/応用理学/生物工学/環境/原子力・放射線/総合技術監理
  2. 開講時期:随時開講
    受講期間:3か月(+3か月の猶予期間があります→在籍期間:6か月)
  3. テキスト:共通テキスト、部門別テキスト、添削用受験申込書(1回)、添削問題(3回)
    共通テキストは、受験申込書の書き方から必須科目・選択科目の対応、さらには口頭試験対策までを、わかりやすく解説した受験対策テキストです。部門別テキストは、専門部門の問題の傾向と対策について記しており、受講者の受験部門に対応して配布いたします。
    それぞれ、2020年度受験対策用として改訂しております。
  4. 添削回数:4回(受験申込書含む)
    各回の科目と配布スケジュールは以下のとおりです(総合技術監理部門は後述)。
  5. 表
    テキスト、添削用の受験申込書の見本と第2回の添削課題は申込受付後に送付します。講座では、答案の添削だけでなく受験申込書の添削指導も行います
    受験申込書は、技術士試験の一部ともいわれており、単に受験のための申請書の役割だけでなく、口頭試験の試問の際に参考とする重要書類です。2019年度からの改正試験においても、その重要性は変わりません。
    ここに紹介するすべての技術士第二次試験対策講座の受講者の皆様は、受験申込書の添削を第1回の添削カリキュラムとして受けることができます。経験豊富な講師が、受験に有利な受験申込書の作成方法を具体的にアドバイスします。
    本試験の受験申込書の提出前に、ぜひとも受験申込書の添削指導を受けてください。
    申込書を含めた4回の添削カリキュラムは、2020年度の受験対策用として内容を構成しております。
    第2回は選択科目その1(選択科目に関する専門知識及び応用能力を問う:記述式問題−II)、第3回は選択科目その2(選択科目に関する問題解決能力及び課題遂行能力を問う:記述式問題−III)、第4回は必須科目(技術部門全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力を問う:記述式問題−I)です。
    専門の技術士講師が作成した予想問題を、添削問題として取り組んでいただきます。
    添削指導を受けて、さらに記述式答案や受験申込書の添削を希望する場合には、オプションで追加添削を受けることができます(これは、他の講座も同様です)。
    提出された答案は、専門分野の技術士講師により採点・添削・講評を付してご返送いたします。さらに、該当科目の添削問題に対する「解答のポイント」を添付し、レベルアップにお役立ていただきます。
  6. スクーリング回数:0回
  7. 教育訓練給付制度(一般教育訓練):指定講座
(2)技術士第二次試験完全合格対策講座 (2−B)
  1. 対象部門:(1)と同じ、総合技術監理部門を含む18部門です。
  2. 開講時期:2〜3月(第1回スクーリング開催日より)
    ただし、受講申込後にテキスト、第1・2回添削課題等をお送りしますので、スクーリング開始前に学習が始められます。受講ご希望の場合は、なるべくお早めに受講申込されることをお勧めします。
    受講期間:6か月(閉講:9月)
  3. テキスト:共通テキスト、部門別テキスト、添削用受験申込書(1回)、添削問題(3回)
    上記につきましては、(1)の技術士第二次試験合格対策講座と共通です。その他、スクーリング時に適時参考資料を配布します。
  4. 添削回数:4回(受験申込書含む)
    各回の科目と配布スケジュールは以下のとおりです(科目・問題内容は(1)の技術士第二次試験合格対策講座と共通です)。
  5. 表
  6. スクーリング回数:3回
    スクーリング付きの講座であることが、技術士第二次試験完全合格対策講座の大きな特長です。スクーリングの日程と内容は、以下のとおりです。各回のスクーリングは全日部門別講習会とし、充実した指導が受けられます。例年、個別面談が毎回あることが、受講者には大好評を博しております。
    表
    スクーリングでは、技術士の講師が、真剣かつ親身になって受講者が合格できるよう指導いたします。その熱意ある指導内容をこのページで紹介できないのは誠に残念ですが、後述の受講者の声からその雰囲気をご推察ください。
  7. 教育訓練給付制度(一般教育訓練):指定講座
(3)技術士第二次試験実力養成講座 (2−C)
  1. 対象部門:(1)(2)と同じ、総合技術監理部門を含む18部門です。
  2. 開講時期:2月(第1回スクーリング開催日より)
    ただし、受講申込後にテキスト、第1・2回添削課題等をお送りします。受講ご希望の場合は、なるべくお早めに受講申込してください。
    受講期間:6か月(閉講:8月)
  3. テキスト:共通テキスト、部門別テキスト、添削問題(5回)
    テキストにつきましては、前述(1)(2)の講座と共通です。その他、スクーリング時に適時参考資料を配布します。
  4. 添削回数:6回(受験申込書含む)
    各回の科目と配布スケジュールは以下のとおりです(総合技術監理部門は後述)。
    表
    この講座は、初めて技術士試験にチャレンジされる方や、何度も試験を受けているがなかなか合格に至らない方に、特にお勧めです。
    第1回〜4回までは、前述(1)(2)の講座と共通です。第5回の課題は第3回と、第6回の課題は第4回と同じです。第5回以降は、前回選択しなかった問題や前回の答案の修正を提出していただきます。あるいは、受講者ご自身で作成した想定問題について解答していただいても結構です。
    2019年度からの新試験では、すべて記述式問題となり、その答案作成には多くの受験者が苦慮することになります。この講座では、特に重要であるIIIとIの問題に対し重点的に指導を行います。
    課題に対し、1回の添削指導だけでは、ある程度は重要ポイントが理解できても、どのような内容が合格答案となるのか、実感としてとらえにくい場合があります。再添削を受けることにより、さらなる実力アップへとつながります。
    このカリキュラムは、まさしく「実力養成」にぴったりの内容といえましょう。
  5. スクーリング回数:5回
    添削回数が多いことと同様、スクーリングも5回あることが、技術士第二次試験実力養成講座の大きなメリットです。スクーリングの日程と内容は、以下のとおりです。
    第1回スクーリングは、「共通テキスト」の著者の田淵講師が全部門共通の特別講義を行います。第2回以降は、全日、部門別講習と致します。
    表
    お仕事をかかえながらの独学は、ともすると業務の忙しさに追われ、途中で学習を挫折することになりがちです。
    技術士試験を合格するために最も大事なことは、「今年は絶対に合格するぞ!」と覚悟を決め、「やる気」を継続させることです。
    実力養成講座では、ほぼ毎月1回のペースで5回のスクーリングがありますので、講師や受験仲間との学習の場を持つことにより、よい刺激を受け、受験のモチベーションを無理なく保つことができます。
    実力養成講座で「やる気」を高め、2020年度試験合格をゲットしてください。
  6. 教育訓練給付制度(一般教育訓練):指定講座
(4)技術士第二次試験合格一直線コース (2−D)
このコースは、前述の「技術士第二次試験実力養成講座」の内容と、試験直前の2つのセミナー(特別指導講座:後述参照)の「筆記試験直前公開模擬試験」と「講師面談による模擬試験の解説と個別指導」をセットにしたものです。(合計:スクーリング7回)
模擬試験の効果は、今まで多くの合格者が証言しております。
「合格一直線コース」のスクーリングは、以下のとおりとなります。
表
5回のスクーリングと6回の添削指導(受験申込書含む)で、実力をアップした後、最後の仕上げとして模擬試験を実施し(「筆記試験直前公開模擬試験」)、その結果に基づき講師が各受講者に合格へのアドバイスを行います(「模擬試験の解説と個別指導」)。
上記直前模試関連の2日間のスクーリングは、独立したセミナーとしても実施し、これだけ単独で受講することができます。2日間のセミナーの料金は、61,000円(当センター技術士対策講座受講の方は56,000円)となりますが、「合格一直線コース」でお申込みの場合は、「実力養成講座」の受講料+36,000円で受講できることになります。2020年度試験をストレート合格するために、ぜひ本コースの受講をご検討ください。
教育訓練給付制度(一般教育訓練)の指定講座にもなっております。

(5)総合技術監理部門の指導について

総合技術監理部門につきましては、(1)〜(4)の講座については択一式問題の対策もカリキュラムに加え、以下のような添削内容としております。
  1. 添削4回コース{該当講座:(1)合格対策講座(2)完全合格対策講座
  2. 表
  3. 添削6回コース{該当講座:(3)実力養成講座(4)合格一直線コース
    ※(4)合格一直線コースは添削7回
    表
    ※合格一直線コースの第7回添削内容は、直前公開模擬試験の答案になります。
実力養成講座、合格一直線コースの第4回〜第6回では、(3)で記しましたように、前回選択しなかった問題や前回の答案の修正、過年度の試験問題などについて解答してください。ご自身で想定した模擬問題でも対応いたします。

(6)特別指導講座(セミナー)について

第二次試験対策でも、第一次試験対策と同様、セミナー形式の特別指導講座を各種実施しております。
以下に、2020年度に実施予定の特別指導講座を紹介いたします。 各特別指導講座の実施日程等など、詳細は当センターのホームページをご参照ください。
対策講座の受講者は、特別指導講座を特別割引受講料で受講することができます。

(7)技術士第二次試験対策講座の比較と受講者の声

いままで述べてきました4講座の特長を、下表の比較表で示します。
表
以下に、過年度講座で実施したアンケートから、受講者の感想をいくつか掲載いたします。合格者の中から、ピックアップしました。ちなみに、アンケートは筆記試験終了後に実施し、筆記試験合格発表前でした。受講者の方々のご意見も参考にして、ご自身にフィットする技術士対策講座を選択してください。
  • 予想問題が的確であった。(合格対策・電気電子)
  • 現在の自分レベルを知り、合格レベルとの差を確認できた。(合格対策・電気電子)
  • 記述想定問題の方向性は合っていたと思うので、勉強の効率が上がった。また、無意識のうちに周りくどい記述にしていたので、すっきりとした記述のまとめ方が理解でき、ある程度実践できた。(合格対策・建設)
  • 自分一人の勉強ではわからない自身の知識の狭さ(ひろさ)の確認、また、自分に足りない部分(クリアーしている部分)の確認ができ、大変役立っています。(合格対策・衛生工学)
  • 何より、講師が回答やコメントに熱意が感じられた。指導内容としては十分満足している。(合格対策・森林)
  • 論文の書き方のコツが習得できました。独学での上達は難しいと感じました。(合格対策・総合技術監理)
  • 答案の添削指導を受けたことで、自分の癖を修正できた。(完全合格・機械)
  • 講義の内容及び面談、添削の指導内容が良かった。(完全合格・機械)
  • 添削指導して頂いた内容や、キーワード集の作り方や考え方が役に立ちました。(完全合格・化学)
  • テキスト(事前配布のものと、スクーリング当日に配布されたもの両方)が、大変役にたった。(完全合格・建設)
  • 添削の解説と模試の解説が充実しており、大変役立ちました。解説にある内容を自分で収集する時間は取れなかったので、助かりました。スクーリングでは、個別相談の時間があったことが良かったです。(完全合格・情報工学)
  • 模擬試験と類似(ほぼ同じ)問題が出題されました。(完全合格・原子力・放射線)
  • 勉強方法や最新の技術動向を教えて下さった先生には大変感謝しております。モチベーションが低下した時も励ましの言葉を下さり、受講が楽しく感じていました。模試は受けておいてよかったです。その理由は、模試の必須科目が悪かったおかげで、慢心に気付いて必須科目の勉強に注力し、本番の必須科目で合格点が取れたためです。(実力養成・化学)
  • 筆記試験の対応に非常に役に立ちました。(実力養成・総合技術監理)
  • 論文の書き方に関する基本、何を解答することを求められているのかの正しい解釈、自作論文の第三者評価、問題の予想の仕方、論文を書く上で要求される記述スピード、などを学ぶことができた。(一直線・機械)
  • 一番良かったのは学習ペースがつかめて、指導講師のアドバイスに従い最後まで学習を継続できたことです。独学ではやはり困難な試験と感じています。(一直線・機械)
  • 予想されていたキーワードが多数出題されていた。(一直線・電気電子)
  • 良かった点は、論文の書き方を学べたことです。見せ方や読みやすさで評価が変わるという納得感がありました。また、申込書や解答論文添削の適格なアドバイスを頂けました。スクーリングで、同じ目標に向かう仲間ができたことも、モチベーション維持に繋がり大きかったです。(一直線・電気電子)
  • 試験全体の要点をとらえた学習になった。(一直線・金属)
  • 農業部門の先生から、「手書き練習の繰り返しの大切さ」を何度も伺った。それを忠実に実践した。そのため、論文記述(特にU)は、短い時間ながらも、安心して取り組むことができた。(一直線・農業)
  • スクーリングで、様々な対策や心構え等について講義を受けて、その準備がよくできた。細かい点まで質問でき、指導をいただけた。(一直線・水産)
  • 同じ分野で受講する仲間と話し合うことができ、仲間と情報共有することができた。知識も多く得ることができた。論文の書き方や解答例などテクニックを学ぶことができた。(一直線・経営工学)
  • 三段構成をはじめとする、論文構成の組み立て方。個別指導における、骨子作成方法を中心とした論文添削がよかった。(一直線・情報工学)

(8)技術士第二次試験対策講座の受講申込方法

講座のお申し込みは、ホームページからお申し込みいただくことができます。また郵便・FAX・E-mailでのお申込みも可能です。
受講申込受付後に、受講証・請求書・講座のご案内、テキストと初回の添削課題等をお送りいたします。
なお、講座選定に迷われましたら、ご遠慮なく当センターまでご相談ください。


お問い合わせ・お申し込み先
(株)新技術開発センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町17の2 一番町ビル3F
TEL 03-5276-9033、FAX 03-5276-9034、service@techno-con.co.jp

前のページへ戻るホームへ戻るテクノビジョンダイジェスト