2019年度、建設部門の合格はこのセミナーでGET!

技術士建設部門合格のための学習法徹底指南講座
〜「国土交通白書」等を活用して効果的・効率的に勉強しよう〜
(東京・大阪)

初受験の方も再チャレンジの方も,効果的・効率的に学習のポイントを掴み,
出題予想して合格答案表現力を養おう!!

セミナー概要

●講 師:國分修一

K3Sコンサルタント事務所 所長
技術士:建設部門,総合技術監理部門

●受講料:32,000円(消費税込)(テキスト代含む。)

2019年度,当社の技術士第二次試験対策講座(通信講座)※を受講中の方は,
5,000円引き特価27,000円(消費税込)でご受講できます。通信欄にその旨をご記入ください。
※割引対象通信講座
技術士第二次試験合格対策講座技術士第二次試験完全合格対策講座
技術士第二次試験実力養成講座技術士第二次試験合格一直線コース

昼食は各自ご持参下さい。

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
 2019年3月24日(日) 10:00〜17:00
 1日集中講座

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
 2019年4月7日(日) 10:00〜17:00
 1日集中講座

たかつガーデン(大阪府教育会館)大阪府大阪市天王寺区東高津町7-11
TEL 06(6768)3911
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

受講のおすすめ

昨年2018年度の技術士(建設部門)の筆記試験の合格率は6.6%(受験者数:14,175人、筆記試験合格者数:934人)と、これまでになく大変厳しい結果でした。
このような結果となった要因は様々なことが考えられますが、1つには、2019年度試験改正の前年度試験という、準備段階として問題内容やその評価ポイントなどの改正内容を一部考慮して実施された要素があるように思われます。
年度末に業務多忙を極める実務現場では、「受験勉強の時間もあまり取れずに試験日を迎え、あえなく残念な結果になった」、そのような状況にある受験者が多いのではないでしょうか。勉強なくして試験には合格できませんが、では、どのような学習法が建設部門受験には有効なのかを、本セミナーで伝授いたします。
本セミナーでは、試験改正となる2019年度試験合格をターゲットにして、国土交通白書や各種指針・審議会などの見方やこれらに基づく出題予想、答案作成法などを解説し、特に、2019年度から記述式となる必須科目Ⅰや、選択科目において重要となるⅢの対策を中心に講義いたします。
2019年度建設部門受験者のための、「目からウロコ」の必須セミナーにご参加ください。

セミナープログラム

午前の部(10時〜12時)

1.技術士試験の本質
2.試験準備(1)国土交通白書の内容分析と試験問題
      (2)国交省HPと審議会/委員会での議論
午後の部(13時〜17時)

3.試験問題の予測と学習方法
4.コンピテンシーが評価される答案内容とは
5.答案記載術と演習
6.受験環境整備とスケジュール管理

◎質疑応答