公務員の方々の受験申込書は注意点がいっぱい!

令和3年度公務員のための
技術士第二次試験受験申込書出願対策講座(東京・大阪)

口頭試問でとまどわないよう,受験申込書の書き方から口頭試問の応え方まで具体的に指導します。

セミナー概要

●講 師:木島 郁夫

技術士:建設部門,総合技術監理部門

プロフィール

 1987年4月 東京都庁(入都)
 2009年3月 技術士(建設部門/道路)合格
 2010年3月 技術士(総合技術監理部門/建設−道路)合格
 2015年3月 東京都庁(退職)
 2015年4月 東京都道路整備保全公社(入社)
 2009年4月〜 技術士第二次試験受験対策講師(講義)の経験有
  ・東京都建設局
  ・東京都道路整備保全公社
  ・東京都区市町村(63自治体)
  ・(株)新技術開発センター【現在講師活動中】
 ※主に東京都職員及び東京都区市町村職員を対象に講義

●受講料:29,800円(消費税込)

テキスト代を含みます。

昼食は各自ご持参下さい。

録音・録画はご遠慮下さい。

セミナー日程

◆東京会場・大阪会場が選択できます!◆

東京会場

[日時/会場] 
 2021年3月27日(土)10:00〜16:30
 1日集中講座

機械振興会館・研修室東京都港区芝公園3-5-8
TEL 03(3434)8211
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

大阪会場

[日時/会場] 
 2021年3月21日(日)10:00〜16:30
 1日集中講座

大阪科学技術センター

大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
TEL 06(6443)5324
(申し込み後、地図を送付いたします) →会場地図

申し込む

受講のおすすめ


技術者キャリア形成スキームの中で,ステージ3(技術士となる段階)で,国家公務員は,地方支分部局において,監督技術者・照査技術者として,建設にかかる調査,計画,設計,工事等の過程を包括的に担当し,自らの判断に基づき決定するとともに,受注者に対して指導する。また,本省において,建設にかかる制度・予算等の政策形成・企画調整等を行う。とされています。
また,地方公務員は,地方公共団体又はその出先機関において,事業の計画・施工・管理等を担当し,現場にて,受注者や工事業者等とのやりとりの中で,業務に必要な知識を身に付けるとあります。併せて後進の指導を的確に行うというコンピテンシーを求められています。
このことを頭に入れて試験準備を行うことが合格の秘訣です。講師は長年にわたり都庁で,技術士試験の合格指導を行ってきて,そのノウハウをこの講座で皆様に公開するものであります。
是非,ご受講下さい。

内容項目

1.プロローグ
   1-1 目次(お話しの内容),自己紹介,配布資料の確認,他
   1-2 「技術士第二次試験」って,どんな試験なの?


2.公務員が知っておくべきこと!
  〜技術士第二次試験の概要〜
   2-1 令和3年度 技術士第二次試験の内容について
   2-2 公務員にお勧めの戦略(合否決定基準から)
   2-3 公務員の「選択科目」と「専門とする事項」の決め方


3.公務員はこう書く!
  〜実務経験証明書の書き方〜
   3-1 実務経験証明書の重要性
   3-2 公務員が合格する実務経験証明書の書き方
   3-3 公務員の小論文(NG & OK)


4.公務員の勉強方法はこれだ!
  〜お勧めの勉強方法と学習計画〜
   4-1 公務員にお勧めの勉強方法(合格への5つのステップ)
   4-2 勉強範囲の絞り方(論文テーマの絞り方)
   4-3 公務員にお勧めの学習計画(基本計画と詳細計画)


5.公務員の口頭試験対策

6.エピローグ
   6-1 何よりもまず準備すること

◎ 質疑応答